ここから本文です

民進党・小西議員、“リベラル切り“小池都知事に「そんな政治をやってる場合じゃない」 一方、“論理矛盾“との指摘も…

2017/9/30(土) 6:01配信

AbemaTIMES

 「希望の党」代表として、民進党の合流について交渉の主導権を握っている小池都知事。

 テレビ朝日政治部の足立直紀デスクによると、民進党出身者全員の公認を目指す前原氏に対し、自民党との対決色を鮮明にしている小池都知事は「民進党が看板を掛け替えただけではないか」という与党からの批判を恐れ、民進党出身者の“丸抱え“はせず、党の要職に就いていた議員や、リベラル色の強い議員を排除する可能性が高いのだという。

 実際、小池都知事は29日朝「全員受け入れる気はさらさらない」と発言。民進党を離党し、希望の党結党の一翼を担った細野議員も、野田元総理や菅元総理らを念頭に、“三権の長“の経験者の合流に難色を示している。さらに、岡田元代表や海江田元代表、長妻元厚労相、辻元議員らの名を記した“排除リスト“なるものも永田町には出回っているのだという。

 現有議席がわずか12の希望の党にとって、民進党の87議席と、その支持母体である「連合」の支援は魅力的だ。しかし、一度は希望の党合流を了承した連合内部からは、小池都知事による“リベラル切り“情報に怒りの声も上がっているようだ。

 29日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した民進党の小西洋之・参議院議員は、小池都知事の“リベラル切り“に対し、「理不尽な選別はあってはならない」と不信感を露わにする。

 「民進党の綱領と希望の党の綱領に、基本的な違いはない。弱っている人や困っている人にこだわり抜くのがリベラル。長妻さんは一般的にリベラル的だと見られていると思うが、外されるということは理解しがたい。辻元さんも、日米安保破棄などと言ったことはないはずだ。なぜ駄目なのか、納得されるような基準が必要だろう。野田前総理は高齢化社会の基盤づくりを一生懸命に体を張ってやってこられた方。その野田政権が決めた消費税の使い途を安倍総理は変えると言っている。総理経験者だから来るなというのは説得力がない。ある意味、健全な考え方を持っている方々がごっそり外れてしまうということは日本の政治にとっても良くない」。

 その上で小西氏は「両党の綱領に矛盾しない考えの人に対して外す・外さないというような、そんな政治をやってる場合じゃない。有権者の皆さんに、本当に幸せな社会作れるんだという大いくさを次から次に全国各地で仕掛けなければならない時。小池さんもそういう戦略を考えていると思うので、私自身は必要な人たちが排除されるようなことはないと思う」と期待感を示した。

1/2ページ

最終更新:2017/9/30(土) 14:06
AbemaTIMES