ここから本文です

東京都内に、ステーキレストラン「KENNEDY(ケネディ)」を26店舗経営していた(株)ステークスなど2社が自己破産

10/2(月) 13:35配信

帝国データバンク

 (株)ステークス(TDB企業コード986306791、資本金1000万円、東京都品川区平塚1-13-8、代表中路優理氏)は、10月2日に東京地裁へ自己破産を申請した。

 申請代理人は日向一仁弁護士(東京都渋谷区渋谷2-14-17、東京渋谷法律事務所、電話03-6427-2545)ほか1名。

 (株)ステークスは、2002年(平成14年)1月の設立。東京都内を中心に「KENNEDY(ケネディ)」の屋号で近時はステーキレストラン27店舗(東京都26店舗、神奈川県1店舗)の経営を手がけ、2014年12月期の年売上高は約17億6700万円を計上していた。

 しかし、同業者との競合が激化するなか、2016年12月期の年売上高は約14億1400万円に減少していた。新規出店にともなう借り入れ負担が重荷となるなか、取引先に対する支払遅延も散発、10月1日をもって全店舗の営業を停止していた。

 なお、100%子会社の(有)ナカジ(TDB企業コード718006157、同所、同代表)も、同日同地裁へ自己破産を申請した。

 負債は(株)ステークスが債権者約150名に対し約13億8000万円、(有)ナカジが債権者約178名に対し約5700万円、2社合計で約14億3700万円。