ここから本文です

[国体少年男子]2回戦の注目カードは雨中の攻め合いに。好守も光った大阪府が初Vへの最初の難関突破!

2017/10/3(火) 6:44配信

ゲキサカ

[10.2 国体少年男子2回戦 新潟県 0-1 大阪府 新居浜市営サッカー場2G]

 2回戦の最注目カードは大阪府が制す! 2日、16歳以下の選手たちによって争われる第72回国民体育大会 「愛顔つなぐえひめ国体」サッカー競技少年男子の部は2回戦が行われ、FW西村真祈(C大阪U-18、1年)の決勝ゴールによって前回大会準優勝の大阪府が1-0で新潟県に勝った。大阪府は3日の準々決勝で茨城県と戦う。

 近年、毎年のように優勝できるような力を有している大阪府。もはや、“悲願の初優勝”ではなく、“優勝しなければならないチーム”になってきている大阪府は、今年も梶田浩信監督(FC Unione柏原)が「16人みんないい選手」と頷くように、攻守に力のある選手たちが並ぶ。その大阪府が今大会初戦で個、チームでの強さも示してベスト8進出を決めた。

 大阪府のGK浅野太郎(C大阪U-18、1年)、新潟県のGK藤田和輝(新潟U-18、2年)の両守護神の好守などによって、スコアこそ1-0で終わったが、雨中で見応えある攻め合いが繰り広げられた。新潟県は最前線のFW晴山岬(帝京長岡高1年)が起点となり、そこから複数の選手が絡んだ崩し。前半3分にスルーパスからFW本田翔英(帝京長岡高1年)がいきなりビッグチャンスを迎えて大阪府に冷や汗をかかせる。

 対する大阪府は攻守において存在感を放ったMF食野壮磨(G大阪ユース、1年)をはじめ、技術力の高い選手たちが細かくパスを繋いで中盤を打開する一方、ダイナミックな動きでゴールへ迫るFW藤尾翔太(C大阪U-18、1年)や西村が縦パスで背後を取って決定的なシーンを作り出して見せるなど、新潟県DF陣を脅かしていた。

 拮抗した展開の試合は、技術の高さに加えて、個々が迫力ある球際の攻防も見せる大阪府が少しずつ流れを傾けていく。そして31分、大阪府は食野が新潟県のDF間にできた中央のスペースを逃さずにスルーパス。これに走り込んだ藤尾が右足シュートを放つと、GKが弾いたボールを西村が左足で押し込んで先制した。

 新潟県はCB和田翔琉(新潟U-18、1年)が後半に大阪府の決定的なシーンでシュートブロックしたほか、俊足ボランチMF吉田晴稀(帝京長岡高1年)が相手ボールによく絡んで奪うなど守備面も光った。そして交代出場のMF矢尾板岳斗(帝京長岡高1年) や晴山、本田翔の仕掛けなどからセットプレーを獲得する。

 一方の大阪府は「特に前の2人が守備のスイッチを入れてくれる」と梶田監督が評した藤尾と西村の2トップが非常に献身的な走り。ハードワークでチームを引っ張るMF谷本駿介(C大阪U-18、2年)らが相手の攻撃を限定すると、食野やMF松本凪生(C大阪U-18、1年)がボールを奪いきってしまう。CB林田魁斗(C大阪U-18、1年)ら最終ラインも強さを示し、自分たちの攻撃時間を増やしていた。

 特に試合終盤はカウンター合戦の様相となっていたが、両チームともにDF陣が踏ん張り、ゴールを許さない。新潟県は後半34分、右CKから和田が決定的なヘッド。ボールは左隅のコースへ飛んだが、「あそこはクロスが飛んできて、ヘディングされる時にフリーになっているのが分かっていたので、一歩引いて。低くてバウンドしそうだったのでわざとボールを上に上げてセーブした」という大阪GK浅野がスーパーセーブで逃れる。大阪府は、相手の守りを崩しながら2点目を奪うことができなかったが、それでも強敵・新潟県に1点を許さず、好勝負を1-0で制した。

 大阪府は昨年のチームリーダー、MF奥野耕平(G大阪ユース、2年)が国体での活躍後にU-17W杯日本代表まで駆け上がり、プロ入りを決めた選手やJ3出場を果たす選手が出るなど、国体の経験を次に繋げている。浅野が「シュートストップには自信があるので、ゼロに抑えて決勝まで行ったら評価も上がると思う」と代表入りへのアピールを口にするなど、個々にとってはステップアップするための重要な機会であり、チームもそれを求めている。

 同時に、イレブンは本気で歴史を変えることを考えている。藤尾は「大阪はまだ優勝できない。去年も惜しいで終わっている。メンバーも揃っていると思うでの、チーム一丸となって頑張りたい」と語り、西村は「まずは優勝。一個一個目の前の試合に勝たないと優勝できないので、準備を大事にして頑張っていきたい」と意気込んだ。先を見過ぎることなく、一戦一戦に集中して勝ち上がり、今年こそ頂点に立つ。

最終更新:2017/12/5(火) 18:14
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合