ここから本文です

山本彩、サプライズ接客で“神対応” タワレコ店員に扮しアルバムをファンに手渡し【動画付き】

10/4(水) 23:10配信

オリコン

 アイドルグループ・NMB48の山本彩が、2ndアルバム『identity』発売日の4日、東京・タワーレコード渋谷店にサプライズで登場。エプロンをまとい店員として、自身のアルバムを購入したファンに“神対応”で接客した。

 突然の山本の登場に、店内は騒然。アルバム展開コーナーに居合わせたファンと会話を楽しみ、レジに入っては購入者に声をかけながら直接アルバムを手渡し、購入特典のプレゼント抽選会場でも笑顔で対応した。幸運にも山本からアルバムを受け取った女性ファンは、突然のサプライズに涙を浮かべるほど感激していた。

 自身も頻繁にタワレコに通い、「新しいアーティストさんや楽曲を見つけたり、勉強になる楽曲を聴いたりして、気づいたら何時間もいることもあります」という山本は、同店のエプロン姿に「憧れていたので、うれしかったです!」と感激。「実際に手に取っていただくところ見ることができ、すごくありがたみを実感できました」とファンとの直接の触れ合いの機会を喜んだ。

 1年ぶりとなるアルバムについて「ライブでの構成や見え方を意識して作りました。昨年の1stアルバムとそのツアーを通して学んだことが、生かされていると思います。楽しい感じやじっくり聴かせる曲など、さまざまな世界観を感じていただける曲が並んだアルバムになりました」と胸を張る。

 同作には、日本を代表する作詞家・阿久悠さんが遺した未発表の歌詞に、いきものがかりの水野良樹が曲をつけた「愛せよ」も収録する。「この曲の歌い手として、水野さんからご指名をいただきました。シンガソングライターとして、歌声を求めてくださったことはとても光栄です。レコーディングの際に阿久悠さんの直筆の原稿用紙を見せていただき、大きな責任感を持って収録に臨みました」。

 アルバムを引っさげ、今月20日から全国ツアーもスタート。NMB48としての活動、女優としてNHKドラマ『植木等とのぼせもん』(毎週土曜 後8:15)への出演など多忙な日々を過ごすが、「早くやりたくて楽しみ」というライブにも全力投球する。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:10/5(木) 14:05
オリコン