ここから本文です

『ターミネーター』新作、来年3月に撮影開始!シュワちゃん70歳アクションに意欲

10/5(木) 21:36配信

シネマトゥデイ

 生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作、『デッドプール』のティム・ミラーが監督を務める『ターミネーター』の新作映画にカムバックする俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、来年3月に本作のクランクインを迎えることを明かし、70歳でも全力でアクションする意欲をみなぎらせた。The ARNOLD fans.com が報じている。

シュワちゃんのイケメン長男もムキムキに!【写真】

 つい先日、全米公開日が2019年7月26日に決定し、本格始動した本作。キャメロンが『ターミネーター2』(1991)ぶりに復帰し、同第2弾に続く作品になることが明かされている。かねてからターミネーター続投を宣言してきたシュワちゃんは、「『ターミネーター』第6弾をやるわけで、夜間の撮影やクレイジーなことがたくさんあるのはわかっている。本当にタフなことばかりなんだ。一生懸命やらなきゃいけない。走ったり、スタントしたり、負傷なんかもするだろうし、でもそういったことの積み重ねでできあがるものは、素晴らしいんだ! つまり、撮影現場でみじめであればあるほど、苦しめば苦しむほど、最終的に映画はより良いものになるんだ。そういうことだ。僕はそういうプロセスが大好きだし、これからの映画でそうできるのを楽しみにしているんだ」とかなりの熱血ぶり。

 そんなシュワちゃんは現在70歳だが、「人々はいつもこう聞いてくる。『70歳にもなって、スタントをまだできるのか?』って。『わかってるだろ、もちろんだ!』と答える。それが毎日トレーニングしていることの利点だよ。高い運動能力も、良い体型も維持できる。強さをキープでき、いつでも映画出演できる。さまざまなスタントを練習しておけば、それができるようになっているし、30歳のときにやっていたようなこともだ。だから、なぜ僕が毎日トレーニングを欠かさないのかってみんな尋ねてくるけど、それはいつでもアクションに備えておきたいからさ!」と準備万端であることをうかがわせた。

1/2ページ

最終更新:10/5(木) 21:36
シネマトゥデイ