ここから本文です

ジューダス・プリースト、新作のプロデューサー「全員そろっての演奏に固執した」

10/5(木) 15:57配信

BARKS

ジューダス・プリーストのニュー・アルバムの制作にプロデューサーの1人として参加したアンディ・スニープ(英国のヘヴィ・メタル・バンドHellのギタリスト)が、そのレコーディング・セッションについて語った。

◆ジューダス・プリースト画像

新作はスニープとトム・アロムがプロデュース、マイク・エクセターがエンジニアを務め、6月にレコーディングがほぼ完了したと報告されていた。

スニープは『Hardwired』誌のインタビューでこう語った。「この作品には、とてもいいエネルギーと真にクラシックなモーメントがある。僕らは、スタジオでバンドが一緒にプレイするよう強く勧めたんだ。デモからではなく一緒にプレイすることからテンポを掴んだ。グレン(・ティプトン/G)は当初、これの前のアルバム数枚でやってたように、デモをテンプレートにし、それを発展させるって方法を取りたがっていたけど、僕はバンドとしてプレイさせたんだ」

「新鮮だったし、昔ながらのアプローチができたと思う。ロブにはヴァースのパターンをもうちょっと変えるよう要求した」

スニープは、彼のヒーローであるロブ・ハルフォードにどう歌うか指示するなんて畏れ多いと思ったそうだが、「ロブは全くもってクールだったよ。彼は、"ああ、ああ、問題ない。パブ・シンガーみたいに歌いたくないからな。君は俺をちょっと追い込んだほうがいいよ。俺は怠け者になりかねない"って言ってた」という。

レコーディングは終了したかもしれないが、2014年の『Redeemer Of Souls』に次ぐ新作が聴けるのはもう少し先になる。2018年初めのリリースを予定しているそうだ。

ロブ・ハルフォードは10月24日に開かれる<Loudwire Music Awards>で、彼の友人レミーの名を冠した"レミー"功労賞を受賞する。

Ako Suzuki

最終更新:10/5(木) 15:57
BARKS