ここから本文です

ブラジル広島県人会=カープのリーグ優勝祝賀会=「次は日本シリーズで優勝!」

10/5(木) 21:38配信

ニッケイ新聞

(ブラジル邦字紙「ニッケイ新聞」5日付)



 日本のプロ野球チーム「広島東洋カープ」が昨年に続きリーグ優勝したことを受け、先月30日にブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)で優勝祝賀会が行われた。集まったファンらは同チームの法被や帽子を身に纏い、カイピリーニャで祝杯を挙げた。



 「それ行け2017 優勝日本一 祝優勝広島カープ」と書かれた弾幕を手作りして持参した村上佳和副会長、ことじ夫妻は広島球団歌「それ行けカープ」を大熱唱し喜びを表した。

 平崎会長は昨年の祝賀会を振り返り、「昨年参加した中前隆博中南米局長(前在サンパウロ総領事)も喜んでいると思う。日本シリーズでも優勝して欲しい」と期待した。


 モジ・ダス・クルーゼス市から参加した岡田典子さん(27、広島)は年間指定席を購入したほど熱心なファン。「生まれて初めてカープのリーグ優勝2連覇に立ち会えた。来年は帰国するので、是非日本で3連覇を迎えたい」と話し、ブラジルで優勝祝賀会が行われたことに「ファンとしてとても嬉しい」と笑顔を見せた。

 ジャカレー市から参加した長井寛郷(ひろさと)さん(29、東京)は「名前に『ひろ』がつくのでカープに親近感を感じる。是非日本シリーズでも優勝を!」と力強く語った。

最終更新:10/5(木) 21:38
ニッケイ新聞