ここから本文です

LinuxとDockerコンテナに対応、Microsoftが「SQL Server 2017」を正式リリース

10/6(金) 8:00配信

@IT

 Microsoftは2017年10月2日(米国時間)、最新版データプラットフォーム「SQL Server 2017」を正式リリースしたと同社のブログで発表した。

 SQL Server 2017は、クラウドでもオンプレミスでも利用でき、Windows Serverだけでなく、LinuxとDockerコンテナに対応した。Microsoftは、SQL ServerをLinuxに対応させる計画を発表してから18カ月にわたって、SQL Server 2017のパフォーマンスやスケーラビリティ、操作感、機能、互換性が、WindowsとLinuxで同等となるように注力してきたと強調している。

 SQL Server 2017は、多数の新機能を搭載しており、Microsoftは目玉機能として以下を挙げた。

・開発とDevOpsシナリオを容易にするコンテナをサポート。SQL Server 2017は「Docker Enterprise Edition」「Kubernetes」「OpenShift」のコンテナプラットフォームに対応している
・「R」や「Python」による分析で人工知能(AI)を利用できる。また、GPUアクセラレーションによる並列処理により、スケラ―ブルでインテリジェントなアプリケーションを作成できる
・グラフデータ分析では、グラフデータストレージと、グラフネイティブなクエリ構文用の拡張したクエリ言語を利用することで、相関性の強いデータの新たな関係性を発見できる
・「アダプティブクエリ」処理により、インテリジェントなデータベースパフォーマンスを実現する
・自動プラン修正は、データベースパフォーマンスの低下を発見、修正することでパフォーマンスを維持する

 これら以外にも、SQL Server 2017は以下のような多種多様な新機能を提供する。

・オンラインでインデックスを再構築でき、いつでも開始および停止できる
・カラムストアインデックス内のLOB(Large Object)の圧縮
・クラスタを使用しない可用性グループのサポート
・カラムストア、インメモリオンライントランザクション処理(OLTP)、クエリオプティマイザーなどの主要パフォーマンス機能の継続的な改良
・T-SQLのネイティブスコアリング
・「SQL Server Integration Services(SSIS)」のスケールアウト機能
・「SQL Server Analysis Services」の改良
・Oracle、MySQL、Sybase、Teradataなどの新しい多くのコネクターによるモダンなデータ取得エクスペリエンス
・テーブルとカラムのオブジェクトレベルのセキュリティ
・詳細行と不規則階層のサポート

「SQL Server Reporting Services」の改良

・SQL Serverデータベースや他のSQL Server機能に影響しない軽量インストーラ
・レポート、KPI、データソースなどにプログラムでアクセスするためのREST API
・ユーザーがレポートについて議論できるレポートコメント

 またMicrosoftは、ソフトウェアアシュアランスを更新することによるメリットもあるという。「SQL Server Enterprise Edition」の顧客は、アップグレードおよびソフトウェアアシュアランスを更新するメリットとして「Machine Learning Server for Hadoop」(旧称:R Server)や、「Power BI Report Server」を利用できる。

最終更新:10/6(金) 8:00
@IT