ここから本文です

声優挑戦のももクロ・百田夏菜子、“Z”繋がりの大先輩に感謝の絶叫!

10/6(金) 9:59配信

Movie Walker

国民的人気を誇る児童書「かいけつゾロリ」シリーズ。その30周年記念作となる劇場版アニメ『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』(11月25日公開)で、人気アイドルグループ、ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が声優に挑戦し、公開アフレコイベントが5日に都内で行われた。

【写真を見る】「身体をこちらに向けて」という取材陣の要求に「これじゃモニター見えないじゃん」と笑いながらも応える

■ 声色を変えて百田がお母さんになりきり!

百田が演じるのは過去にタイムスリップしたゾロリが出会う若き日の母親ゾロリ―ヌ。「小学生の頃から読んでいた好きな作品で声優に挑戦できてうれしかったです。でも、演じるのがゾロリのお母さんの若い頃と聞かされて、緊張やプレッシャーとかいろんな気持ちはありました」と最初は戸惑いも少なくなかったのだとか。

すでにアフレコは終わっていて、イベントのために百田が再び演じたのは、ゾロリーヌがゾロリとイシシ、ノシシのためにオムライスを作ってあげるシーンと、ゾロリーヌがゾロリに対して運命を感じると語る2つのシーン。いつもの元気な百田とは違った声色を変えてゾロリ―ヌになりきっている様に、司会の奥浜レイラから「完璧じゃないですか!」と絶賛の声があがり、取材陣も思わず納得。

公開アフレコが一通り終わったところで、原作者の原ゆたかとゾロリが登場。原は「百田さんのコンサートでの活躍やドラマでの演技は見ていたのですが、アフレコは少し勝手が違うから不安はありました。でも、そう思って申し訳なかった」と本作でも自身の役で出演するなど、声優経験があるだけに百田の頑張りをねぎらっていた。

映画『幕が上がる』やNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」での演技が高く評価され、女優としても活躍の場を広げている百田にとって難しかったというのが、“、”(読点)と“。”(句点)の違い。「いまのは“。”じゃなくて“、”になっているよって。しっかりとその言葉を伝えて、次のセリフに行かなければいけないのに、“、”になって前のセリフが流れてしまっていたんです」と言葉だけで表現する声優という仕事の難しさを実感したという。

■ 百田を勇気づけた、あの“Z”な声優の言葉

そんな彼女を勇気づけたのが、大先輩の言葉。「先日、野沢雅子さんと対談させていただいた時『あなたは私と似ているところがあるから、思ったまま行ったほうがいい』と言ってくださったんです。さすがに思ったままは難しくて(笑)。でも思い切ってやればいいんだと思えたので本当にうれしかったです」と改めて感謝を述べ、「野沢さんありがとうございます!」と再度、大きな声で叫び取材陣の笑いを誘った。

「原作で書かれていない部分を補完して作られた作品になっていて、ママのかわいさが百田さんによって甦っています。ゾロリの絵を描いていると自然に山寺宏一さんの声が頭の中に出てくるように、これからはゾロリーヌを描くと百田さんの声が出てくるようになりますね」と原は改めて百田の頑張りを絶賛。本シリーズにとって重要なキャラクターとなる百田の健闘をぜひ映画館で確かめてほしい。【取材・文/トライワークス】

最終更新:10/6(金) 9:59
Movie Walker