ここから本文です

サバイバル開始の日本、勝ち越しゴールに満足もハリル監督「簡単ではなかった」

10/6(金) 21:28配信

ゲキサカ

[10.6 キリンチャレンジ杯 日本2-1ニュージーランド 豊田ス]

 ロシアW杯へのサバイバルが始まった。6日、日本代表はキリンチャレンジ杯でニュージーランド代表と対戦。同点に追いつかれて迎えた後半42分にMF倉田秋が勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利した。

 試合の立ち上がりは、4試合ぶりスタメンのMF香川真司が右ポスト直撃のシュートを放つなど、一方的に攻め込んだ。だが、いい時間帯に先制点を挙げられないでいると、日本のスピードに慣れてきたニュージーランド相手に攻めあぐね、前半はスコアレスに終わった。

 それでも後半5分、相手のハンドから獲得したPKをFW大迫勇也がねじ込み、日本が先制。これで勢いに乗るかと思われたが、警戒していたFWクリス・ウッドに同点ヘッドを決められてしまう。その後は一進一退の攻防が続いたが、迎えた後半43分に途中出場の倉田が代表初ゴールを決め、2-1。バヒド・ハリルホジッチ監督が「2試合ともその交代枠は使いたい」と語っていたように交代枠6人を使い切って勝利した。

 試合後、指揮官は「勝ちましたけど、簡単ではなかった。ニュージーランドは素晴らしい守備をしてくれた。ロングボールで空中戦を挑んできた。1点目を取れたが、我々のゲームコントロールはうまくいかなかった。その時に失点してしまった」と分析。「そのあと我々から仕掛けていけた。オフェンスの素晴らしいリアクションがあった。本当に素晴らしいコレクティブな動きで2点目が取れた」と一定の評価を下した。

最終更新:10/7(土) 3:08
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合