ここから本文です

京都・東山の五重塔近く 築100年超の旅館が式場など複合施設に

10/7(土) 18:05配信

THE PAGE

 京都・東山のシンボルでもある「八坂の塔」の南側に位置するかつて旅館だった築100年超の建物が、婚礼式場や料亭を備えた複合施設に生まれ変わり、9月に開業した。歴史を重んじつつ、五重塔などを眺めながら披露宴などを行えるなどロケーションが魅力。関係者は「京都での挙式ニーズは根強いと思いますし、観光都市として遠方の親族や友人を招きやすく、古都ならではの雰囲気も味わえます」と話している。

<街ぶら>京都鉄道博物館へ潜入 見る・さわる・体験するを満喫

 この婚礼式場や料亭を備えた複合施設「京都幽玄」を運営するのは、「DDホールディングス」のグループ会社である「The Sailing」(本社:東京都港区)。飲食事業やアミューズメント事業を行うDDホールディングス(東証一部上場)のグループ会社は現在、直営店舗数は424店(9月1日現在)だが、松村厚久社長・グループCEO(50)は「国内ウェディング事業の第1号店です。まずこのロケーションに目をつけました。一部は造り替えましたが、京都という土地柄、完成するまで現場は大変でした」と振り返る。

 そして「ここを繁盛店にしてさらに様々な事業を展開していく。今までダイヤモンドダイニングとして、飲食事業を中心に行ってきたが、今後はDDホールディングス(2017年9月1日付で持株会社体制に移行)として、企業理念、ビジョン、行動指針も一新。世界に誇るオープンイノベーション企業を目指すべく、ダイナミック&ドラマティックに、大胆かつ劇的に行動していきます。そして最短最速で1000億円企業を目指してまいります」と語る。

 同施設は、かつて旅館だった築100年超の建物を改装し、文豪や多くの名士が集ったとされる老舗旅館と旧三井邸をあわせてリノベーション。100年の歴史を持つ建物を重んじながら、現代のテイストを掛け合わせて上質な空間を演出したとしている。

 この場所一帯は3軒の婚礼式場がひしめく激戦区だが、和の趣や伝統を求めるニーズを捉え、格式の高さをアピールする。清水寺や八坂神社、円山公園まで徒歩10分圏内という立地だ。

 The Sailingの松本小次郎社長は「ターゲットは25歳から40歳くらいまで、落ち着いた方が相談にいらっしゃって、京都の和を感じさせるようなところで挙式を上げたいという方が多い。五重塔が目の前にあり、ロケーションが抜群なので感動されています。三井財閥の持ち物だったんですけど、母屋を生かし、昔の歴史を感じながら、京都旅行も楽しめる、そういった形でゲストの皆さまをお呼びできると思います」と話す。

 また、挙式や披露宴を行わない「ナシ婚層」が年々増えていると言われているが、一方で、多様化するニーズに応え、いろんな価値観に基づいた結婚式が行われている。

 「ウェディング業界は高齢化社会少子化と言われる中で、これから厳しい業界とは言われているのですが、勝ち組もいます。この東山エリアも、狭いエリア内に当施設も含めて4か所ある。ありがたいことに、すでに来年2月までの予約が100組ほどあります。エリアでの競争は激しいですが、塔の近さや要望へのきめ細かな対応でお客さまを取り込みたい」としている。
(文責/フリーライター・北代靖典)

最終更新:10/13(金) 5:47
THE PAGE