ここから本文です

スシローと元気寿司の野望 「統合へ」で目指すもの

10/8(日) 11:00配信

J-CASTニュース

 回転寿司チェーン最大手「あきんどスシロー」を展開するスシローグローバルホールディングス(HD)と5位の元気寿司が経営統合に動き始めた。2017年9月29日、協議開始を発表したもので、実現すれば、くら寿司を展開する現在業界2位のくらコーポレーションを大きく引き離し、独走態勢に入る。裏で動いたのが、元気寿司の親会社でコメ卸最大手の神明(神戸市)。規模だけでなく、味でも他社を引き離したい考えだ。

 神明は英投資ファンド、ペルミラが保有するスシローグローバルHD株約32.7%分を約380億円で取得。スシローグローバルHD傘下にあきんどスシローと元気寿司をぶら下げる形を軸に検討する。統合時期などは今後検討する。

■「元気カッパ連合」は1年足らずで頓挫

 青写真を描いたのは、神明の藤尾益雄社長だ。1950年、「神戸精米」としてスタートした神明。コメの卸売りを中心としながらも、外食や無菌パック米飯の製造・販売、0.5合を10分で炊ける炊飯器の開発・販売など、事業を広げてきた。

 藤尾氏の悲願が、日本食の代表格である寿司店の展開だ。神明は2012年、元気寿司と資本業務提携契約を締結。元気寿司の株式の28%を握り、筆頭株主となった。以降、「うまいコメ」にこだわり、「回転しない寿司」を積極的に展開。翌年、元気寿司はかっぱ寿司を展開するカッパ・クリエイトと、将来の経営統合を視野に業務提携契約を締結し、藤尾氏はカッパの社長も兼務した。

 だが「元気カッパ連合」は1年足らずで頓挫する。藤尾氏は「元気スシロー連合」の記者会見で、過去に経営統合がうまくいかなかったことに触れ、「企業体質があまりにも違い過ぎた。かっぱ寿司は経営効率が優先されており、考え方の違いから統合は断念した」と振り返った。2015年に神明は元気を子会社化し、「再編相手」を探していた。

 一方のスシローは2009年にMBO(経営陣が参加する企業買収)により上場廃止。外資系ファンドの下で経営改革を進め、売上高日本一を達成した。2017年に再上場を果たし、筆頭株主のペルミラは株を手放すタイミングを探っていた。

1/2ページ

最終更新:10/8(日) 11:00
J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ