ここから本文です

国体Vの広陵・中村奨成、10・26運命のドラフトへ「最高の形をイメージしています」

10/9(月) 20:04配信

デイリースポーツ

 「えひめ国体・高校野球(硬式)競技会決勝、広陵7-4大阪桐蔭」(9日、坊っちゃんスタジアム)

【写真】中村奨成の強打を支えた“カチカチバット”とは?

 今秋ドラフト1位候補・中村奨成捕手(3年)が、高校生活最後の公式戦で、野球人生初の全国大会優勝を果たした。試合後は満面に笑みを浮かべて選手から胴上げされた。試合後の一問一答は次の通り。

 -優勝を決めた今の気持ちは。

 「素直にうれしいです。最高の仲間と優勝できたのが一番の宝物。3年間、中井先生の下で頑張ってきてよかったと思いました。中井先生を胴上げできて最高ですね」

 -スタンドからは多くの観衆が観戦していた。

 「注目していただけることはありがたいと思っています。その力を借りて、試合に臨もうと思っていました」

 -ドラフト会議まで20日を切った。

 「ドキドキする気持ちもあります。今のままでは高校で通用しても、上(プロ)では通用しない。これから人間的にも技術的にもレベルアップしたいですね」

 -ドラフト会議前日のイメージはできるか。

 「夜寝る前に考えると思いますけど、最高の形をイメージしています」

 -最高の形とは。

 「どこでもいいので1位で指名していただいて、また仲間に胴上げしてもらう、というのをイメージしたいですね」

 -大阪桐蔭との決勝では、U-18W杯でチームメートだった徳山壮磨投手(3年)と対戦して、3打数1安打2三振だった。

 「完敗ですね。いいボールを投げるのは分かっていたんですけどね」

 -試合後には何か声を掛け合っていた。

 「『いい戦いをありがとう』と言ってくれました。同じタイミングで『お互いにまた別のステージで頑張ろう』とも話しました」

 -大阪桐蔭の新チームで主力となる根尾昂投手(2年)とも対戦した。

 「ストレートに力があるなという印象を持ちました」

 -高校野球生活ではやりきった思いが強いか。

 「夏の甲子園で優勝できなかったことは、すごく悔いが残っていますけど、この仲間とプレーできたことは、この先の人生で宝物になると思います」