ここから本文です

立憲民主・枝野幸男代表、共産の“ラブコール”袖に 連立政権「全く考えていない」

10/9(月) 23:00配信

産経新聞

 立憲民主党の枝野幸男代表は9日夜、TBSの報道番組「NEWS23」で行われた党首討論の収録で、衆院選後の共産党との連立政権樹立について「全く考えていない」と否定した。共産党の志位和夫委員長は衆院選後の首相指名選挙で枝野氏に投票する可能性を示唆しているが、両者の見解は真っ向から食い違っているようだ。

 枝野氏は「連立政権を組むためには、より幅広く包括的に一致していないと回っていかない」と述べた上で「他党と連立を組み政権を担うことは、どの党とも考えていない」と明言した。

 一方で、市民団体を仲介して共産党や社民党と合意した憲法9条改正反対、安全保障関連法の白紙撤回など7項目の政策については「しっかり推進していく」と語った。

 志位氏はTBS番組の収録前に出演した日本テレビの番組で、首相指名について「選挙結果を見て(共産、立憲民主、社民の)3党で相談して決めていくことになろうかと思う」と述べていた。共産党は首相指名で党委員長に投票することが一般的で、衆院本会議で他党の党首に投票すれば約19年ぶりとなる。

最終更新:10/9(月) 23:00
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ