ここから本文です

【MLB地区シリーズ】田中将大、崖っぷちのヤンキース救う大仕事 7回零封の快投で自身PS初勝利

10/9(月) 11:56配信

Full-Count

エースとしての役割を果たす快投、ヤンキースは地区シリーズ突破に望みつなぐ

 ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、インディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発し、7回3安打無失点7奪三振1四球の快投でポストシーズン(PS)初勝利を挙げた。敵地で連敗し、負けたら敗退という崖っぷちの状況で本拠地に戻ってきたヤンキースを救う大仕事。昨季のリーグ覇者で、今季リーグ最高勝率の強敵を封じ込み、エースとしての役割を果たしてリーグ優勝決定シリーズ進出に望みをつないだ。

【動画】田中将大も脱帽のキャッチ! ジャッジがホームラン級の当たりを好捕

 試合は立ち上がりから相手先発カラスコとの投手戦に。田中は初回から2三振を奪うなど3者凡退に抑えると、2回は1死からサンタナにライト前ヒットを許すも、ジャクソンはスプリットで三ゴロ併殺。3回は再び3者凡退に抑えた。

 4回は1死でキプニスに三塁打を浴びも、ラミレス、ブルースをスプリットで連続空振り三振。マウンド上で雄叫びを上げた。

 5回は先頭サンタナを四球で出すも、ジャクソンは右飛、ブラントリーをスライダーで二ゴロ併殺打。6回は先頭ペレスにレフト前ヒットを許し。ウルシェラは右飛。続くリンドーアにはライトへの大飛球を打たれたが、これをジャッジがスーパーキャッチ。スタンドインかという打球を201センチの長身を生かしてもぎ取ると、マウンド上の田中も脱帽で感謝した。

 その裏、ヤンキースは2死満塁のチャンスを作る。インディアンスはここでカラスコに代えて左腕ミラーを投入。カストロは遊飛に倒れ、ヤンキースは先制点を奪えなかった。田中は7回、先頭ラミレスに10球粘られるも遊ゴロ。ブルースを3球三振、サンタナは初球の95マイル(約153キロ)直球で右飛と3者凡退に仕留め、92球で降板となった。

 すると、ヤンキース打線はその裏、先頭バードがミラーからライトへ豪快な先制ソロ弾。この1点をロバートソン、チャプマンと繋いで守りきり、1勝2敗と地区シリーズ突破に望みをつないだ。

 田中は7回零封の快投。92球を投げてストライクは65球だった。ヤンキースの投手がポストシーズンで7回を無失点で投げきったのは、2010年のヒューズ以来、7年ぶり。まさにエースの仕事。ヤンキースが崖っぷちで望みをつないだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/9(月) 13:00
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ