ここから本文です

「スニーカー通勤」をスポーツ庁が推奨 ビジネスマナー的に大丈夫?専門家に聞く

10/10(火) 7:00配信

J-CASTニュース

 スポーツ庁が、スニーカーでの通勤など歩きやすい服装での通勤を奨励することを発表した。健康増進を狙いとした施策だ。

 ネット上では、特にスニーカー通勤について関心が集まり、賛否両論の声が上がっている。ビジネスマナー上は許される行為なのだろうか。J-CASTニュース編集部が専門家に聞いた。

■健康増進が目的

 2017年10月2日、スポーツ庁は「FUN+WALK PROJECT」と題して「歩きやすい服装」での通勤を推奨することを発表した。具体的にはスニーカーやビジネスカジュアル、通気性の良いスーツなどでの通勤を想定している。18年3月をめどに本格的に実施する予定で、通勤時の歩行の推進を通じて国民の健康増進を目指す。

 また、9月28日には「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)で、スニーカー通勤を含め、カジュアルな服で働く「ビジネスカジュアル」についての放送が行われた。

 ビジネスカジュアルに合わせやすいスニーカーの販売に商機を見出す靴屋の例や、企業でのスニーカー通勤の導入について紹介された。同企業でのインタビューでは、リラックスした状態で働くことができる、テイストの違う服を着られるなど、社員からは好意的な声が寄せられていた。

 「ワールドビジネスサテライト」の放送があった9月28日以降、ツイッターでは、

  「個人の経済的にも健康的にもどんどん変えた方がいい」
  「スニーカーもOKっていう幅が広がることはいいと思う」

と、スニーカー通勤について好感する声や「仕事柄毎日スニーカーで出勤です」といった声も見られた。一方で、

  「スーツとスニーカーが合うわけがない」
  「足の健康的には賛成ですが、ビジネスシーンのTPOはわきまえないといけない」
  「営業職で仕事中に、スーツにスニーカーはありえません」

と、批判的に見る向きもあった。

「良し悪しを断言することは難しい」

 ビジネスマナーの観点からは、通勤時のスニーカーの使用は許容されるのだろうか。J-CASTニュースは17年10月4日、NPO法人日本サービスマナー協会(東京都中央区)の森良子講師に話を聞いた。森さんは、

  「はっきりと断言はできませんが、スニーカーでの通勤は問題ないと思われます。オフィスに入って働くときには、オフィスのロッカーなどに置き靴として革靴を用意したりして、スニーカーを履き替えることは必要かもしれません」

と語った。ただ、朝から取引先に向かったり、夜に格式の高い店で食事をしたりするケースでは一般にスニーカーの着用は適していないとされるため、スニーカー通勤の良し悪しを断言することは難しいという。

 一般にビジネスカジュアルの服で出勤をする場合には、スエードやベロアなどの素材で紐のついた革靴を履くことが多いという。

最終更新:10/10(火) 7:00
J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ