ここから本文です

衆院選公示、1200人が立候補予定 三つどもえの構図

10/10(火) 7:00配信

朝日新聞デジタル

 衆院選は10日、公示された。午前8時半から立候補届け出の受け付けが始まった。朝日新聞の9日現在の集計では、小選挙区と比例区を合わせた定数465に対し、約1200人が立候補を予定している。安倍晋三首相による5年間の政権運営を問う選挙戦は、「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」による三つどもえの構図で、22日に投開票される。

【写真】国会議事堂=東京都千代田区、朝日新聞社ヘリから

 衆院選は今回から一票の格差を是正するため、小選挙区は「0増6減」、比例区は「0増4減」となり、定数は475から465(小選挙区289、比例区176)へ10減る。

 朝日新聞の9日現在の集計によると、小選挙区は約1千人、比例区は約200人の計約1200人が立候補を予定している。1191人が立候補した前回並みとなる。

 主な政党別でみると、選挙協力を行う連立与党の自民、公明両党は計385人を擁立。自民党は332人、公明党は比例区を中心に53人を立てる。

 民進党議員の多くが合流した希望の党は、日本維新の会と小選挙区でのすみ分けを行い、約200人を擁立。日本維新の会は関西を中心に52人を立てる。

 立憲民主党は78人、共産党は243人、社民党は21人を擁立する。共産党の立候補予定者取り下げで、立憲、共産、社民3党の立候補予定者は250近くの小選挙区で一本化された。

 各小選挙区の対決の構図をめぐっては、「自民・公明」「希望の党・日本維新の会」「共産・立憲民主・社民」の3勢力から各1人が立候補して争うのは、150超にのぼる。一方、希望の党と立憲民主党が競合するのは、東京を中心に約40となる。

朝日新聞社

最終更新:10/10(火) 11:27
朝日新聞デジタル

Yahoo!ニュースからのお知らせ