ここから本文です

Coffee Lake-S搭載の家庭用ゲーム機風PCが発売、MSI製

10/10(火) 0:10配信

Impress Watch

(10/13 18:27更新)販売スタート。
初出日時 10/10 0:10

 Coffee Lake-Sのコードネームで知られる第8世代Coreプロセッサを搭載したMSIのゲーミングPC「Vortex G25 8RE-007JP」が発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 販売ショップはパソコンショップ アークで、同店ではサンプル展示を実施中だ。BTO対応で、標準構成時の価格は税込269,800円。

■容積が約2.5リットルという家庭用ゲーム機風の筐体を採用したゲーミングPC

 Coffee Lake-Sは、6コアモデルが用意されている最新世代のデスクトップ向けCPU。CPUソケットはKaby Lake-Sと同じLGA1151だが、電源設計が異なるため、互換性は無くなっている。

 今回登場したVortex G25 8RE-007JPは、容積が約2.5リットルという家庭用ゲーム機風の筐体を採用したゲーミングPC。6コア/12スレッド、動作クロック3.2GHz(ブースト時4.6GHz)の「Core i7-8700」を搭載しており、Kaby Lake世代と比較して、フレームレートは最大25%向上、4Kの360度動画編集は約32%高速化しているという。

 標準構成時の仕様は、メモリ DDR4-2400 SO-DIMM 8GB×2枚、ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD、GPU GeForce GTX 1070 8GB、チップセット Z370、有線LAN(Killer E2500 & Killer Shield K9000)、無線LAN(Killer N1435 Combo,IEEE 802.11ac)、Bluetooth 4.1、OS Windows 10 Home 64bitなど。本体サイズは279×43×331mm、重量は2.5kg。ACアダプタは230W。VESAマウントに対応している。

[撮影協力:パソコンショップ アーク]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:10/13(金) 18:52
Impress Watch