ここから本文です

猪木氏 演説で歌う「小池にはまってさあ大変♪」…小池人気に乗る候補に喝!

10/10(火) 17:13配信

デイリースポーツ

 “燃える闘魂”アントニオ猪木参議院議員(74)が、衆院選が公示された10日、大阪府内で維新候補の応援演説を行った。演説では「小池にはまってさあ大変♪ドジョウが誰だか知らねえが」と歌い、希望の党・小池百合子代表の人気に頼ろうとする一部野党の姿勢に喝を入れた。

【写真】豊田真由子候補は涙の第一声…「こんなにみすぼらしい私」

 おなじみのテーマ曲が流れる中、喝采を浴びて登場した猪木氏は「元気ですかーっ!!」のマイクパフォーマンスとともに、「最近、古希を過ぎて、ちょっと弱ってる」と笑わせた。

 緊迫する北朝鮮問題に関しては「日本が先頭に立って戦争を起こしちゃいけない。相手の国民性を知れば、対話なくして解決しない。日本も米国の言いなりでなく、そろそろ一国の独自の主張をすべきだ」と訴えた。

 そのうえで「どんぐりの歌、知ってますか」と、ニヤリとして歌い始め「小池にはまってさあ大変♪ドジョウが誰だか知らねえが」と、小池人気に便乗する候補を揶揄(やゆ)した。

 「ジジイになると話が長くなる」と言いながら、21日に自身の生前葬を行うことを告知したうえで高齢者施策の重要性も訴え、最後は「1、2、3、ダーッ!」で締めた。

 終了後、取材に応じた猪木氏は、希望の党について「私は政党は興味がないけど、バッジ付けないと何もできないから、人気に乗っかるのも人生だけど、もっと腹くくれよと言いたい。国民にこびずに、俺はこうだ、ダメならしょうがないと。そういう政治姿勢を若い人に送らないとダメだ」と、小池人気に便乗する候補を再びバッサリ切った。

最終更新:10/10(火) 17:37
デイリースポーツ