ここから本文です

ロッテ・伊東監督 ラスト采配で最後のアドバイス

10/10(火) 17:14配信

デイリースポーツ

 「楽天5-0ロッテ」(10日、Koboパーク宮城)

 最後の采配。ロッテ・伊東監督は野手陣にこんなゲキを飛ばした。

 「1番から9番までホームランを狙うように言った。バントはなし。フルスイングで、どれだけ選手が成長したか、どれだけ力が通用するか」。

 2時間38分。終わってみれば、今季16度目の完封負けだ。

 楽天にとっては本拠地での今季最終戦、さらに14日からの西武とのCSを見据えて負けられない戦いだ。

 岸から森、宋家豪、福山への必勝リレーの前に4安打で11三振を喫した。

 試合後、伊東監督は「すべてが終わりましたね。(試合が)淡々と進んで行った。逆によかったかも…」と話し、さらに続けた。

 「基本、若い人を使ったけど、将来的にきょう出た人は(チームを)支えていく人になってほしい」

 この日の屈辱を飛躍へのジャンプ台にしてほしい。願いを込めての談話だった。

 球場に到着すると楽天から花束が届けられていた。一塁から右翼席に大勢のロッテファンが陣取った。

 「伊東監督 五年間ありがとうございました」。こんな垂れ幕やプラカードが目にしみる。だが涙はない。

 「勝負に対する執念を表に出す選手が少ない。この世界はそれが一番大事。クールさよりもガムシャラさがファンの共感を呼ぶ。身体で表現する選手になってほしい」

 去って行く指揮官は最後にこう結んだ。

最終更新:10/10(火) 17:59
デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/20(金) 17:10

Yahoo!ニュースからのお知らせ