ここから本文です

コパノリッキー来春種牡馬へ シンジケート既に満口

10/10(火) 9:04配信

日刊スポーツ

 マイルCS南部杯(9日=盛岡・統一G1)を制したコパノリッキーは来春、北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬入りする。

 6日にシンジケート募集を開始し、すでに60口が満口になった。運営しているサラブレッド・ブリーダーズ・クラブの遠藤幹常務取締役は「ダートで走る馬を出す種牡馬は生産界でも人気が高い。今年、ゴールドアリュールが亡くなっているし、その後継として期待しています」と話した。

最終更新:10/10(火) 9:10
日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ