ここから本文です

芸能人の「政治的発言」本当にダメ?「はいはい…それが一番あほなやつ」 星田英利さん「魂のつぶやき」

10/13(金) 7:00配信

withnews

 芸能人やスポーツ選手のツイッターアカウントの中で、星田英利さん(元「ほっしゃん。」)のものはひと味ちがいます。政治的なテーマをストレートにとりあげて、政権でも野党でも容赦なくやっつけます。どんな気持ちでつぶやいているのか、聞きました。(聞き手・吉沢龍彦)

【画像】何人知ってる?「朝ドラ」歴代ヒロイン 永野芽郁・葵わかな・尾野真千子…

許せなかった「ただちに影響ない」

――時事問題や政治的なテーマをつぶやくのには、なにかきっかけがあったんですか。

「原発事故の時の民主党政権の対応ですね。放射性物質の拡散が心配されている中で『ただちに影響ない』と繰り返すだけだったとか、あのへんのバタつきが許せへんかった。芸人としてでなく、ふつうに国民として、親として、思わずつぶやいたと。そんな感じでしたね」

「国民として思ったことを言ってるだけ」

――事故から6年。世の中はどんどん変わり、つぶやきの対象も変わってきています。

「一人の国民として思ったことを言ってるだけですよ。やっぱりその時その時、国を仕切っている政権に目が行く、文句が出るのは当たり前のことです。それになんや、反権力? 稚拙な名前を付ければ、そういうことになるんですけど、ぼくにはそんな思想もない。悪いことがあれば、仕切り方が悪いんじゃないですかと言うだけで」

「こういう取材も、おかしいんじゃないですかね」

――いろんな所からいろんなことを言われませんか。

「ま、ありますよね。でも、スポーツのことをつぶやいたら『おまえ、スポーツ的なことつぶやいてるな』とか言いますか、いちいち。『文芸的なことつぶやいてるな』とか。なんで政治的なことだけ粒立てていうのか、おかしいですよね。僕、スポーツ的なこともいっぱいつぶやいてますよ。『藤浪、まだデッドボール当てる癖なおってへんな』とか。なんやったら、こういうインタビュー取材も、おかしいんじゃないですかね」

芸能人であること「気にしないといったらうそ」

――芸能人であることは気にしますか。

「それは、気にしないといったらうそになりますね。もっと直接的に言いたいとか、いろんな思いはありますけど、ぼくも組織に属しているんで、まわりに迷惑かからないようにとか考えますね。でも、それで、何か思いを止めてしまうのはだめだと思うんで。自主規制でやめるというのは違う」

「芸人だとか、素人だとか、言うことがおかしい」

――芸能人はものを言うなとか、言う人もいるのではないですか。

「はいはいはい。それが一番あほなやつで。じゃあ、誰がもの言うていいのか分からなくなりますよ。政治家じゃないのに政治の話すなという人に、じゃあお笑い芸人でもないくせに、おもろいとかおもろないとか言うなと言いますか?芸人だとか、素人だとか、言うことがおかしい。僕は一切それはありません」

最終更新:10/13(金) 11:17
withnews