ここから本文です

巨人・マシソン帰国 メジャー復帰か巨人残留か揺れる胸中告白

10/11(水) 11:20配信

東スポWeb

 巨人の助っ人右腕スコット・マシソン投手(33)が11日、自宅がある米国への帰国前に成田空港で取材に対応。去就に揺れる胸中と、「2020年東京五輪での引退プラン」を明かした。

 今季で契約が切れるマシソンについて球団は残留交渉中だが、条件面をめぐる開きがあり、現在のところ結論は出ていない。自身の来季について、マシソンは「巨人とも話はしているし、それ以外のMLB球団からの関心もあるという話を聞いている。ただ、条件的に決断を下せる話はまだない。自分のキャリアでFA(フリーエージェント)になるのは初めて。自分と家族にとってベストの選択は何か、じっくり考えたい」と話した。

 以前はメジャー復帰への思いを口にしたこともあったが、6年間過ごした巨人への愛着は強い。「若いころはメジャーで投げる夢があったけれど、それは達成はした。ただ今の自分の方が投手として完成度は高いと思っているし、家族に(もう一度)メジャーで投げる姿を見せたいという気持ちもある」としたが、思いは複雑だ。「日本でプレーすれば家族との時間は多く取れる。ビジネス面がうまくいって、日本に戻ってこられたらうれしい。僕は巨人と今のチームメートを愛しているし、結果的に違うチームにいくことになれば悲しいこと」と心中は揺れている。

 33歳となった現在は、メジャー復帰以上にかなえたい夢もある。「キャリアの最終目標として、2020年の東京五輪で現役を引退するイメージがあるんだ。それまで日本でプレーすることができれば最高だけど…」と語って機上の人となったマシソン。巨人残留か、メジャー復帰か。最強セットアッパーの決断が注目される。

最終更新:10/11(水) 11:25
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合11/23(木) 7:30