ここから本文です

大型トラックのトラクター型は何がすごい?

10/11(水) 12:24配信

ニュースイッチ

三菱ふそうが公開

 三菱ふそうトラック・バスは、5月に発売した大型トラックの新型「スーパーグレート」のトラクタータイプを公開した。全車に12速の機械式自動変速機(AMT)「シフトパイロット」を標準採用したほか、衝突被害軽減ブレーキなどの最新の安全装備を搭載。同研究所の安藤寛信所長は「品質に加え、経済性と安全性、快適性、コネクティビティーの4点にフォーカスして開発した車両」と話す。

 新型トラクターにはトラクター専用として最高出力460馬力に高めた「6R20」型を追加設定した。搭載エンジンは2016年排出ガス規制に適合。15年度重量車燃費基準プラス10%達成車両を設定した。

 現在スマートフォン用の専用アプリを開発中で、同アプリで車両情報やタイヤ空気圧の状況、ライトの点灯などを車両の外から確認できるという。まずは年内にもトラクターから搭載をはじめ、順次車型を増やす方針だ。

 安全装備ではドライバーの運転注意力を監視する機能や車間距離を維持しながら追従する機能などを搭載して安全性を高めた。タイヤ空気圧を監視するシステム(TPMS)を標準装備した。

最終更新:10/11(水) 12:24
ニュースイッチ