ここから本文です

大坂なおみ 元女王ヴィーナス破る金星、ストレート勝ちで8強<女子テニス>

10/11(水) 19:37配信

tennis365.net

プルデンシャル・香港テニス・オープン

女子テニスのプルデンシャル・香港テニス・オープン(香港、ハード、WTAインターナショナル)は11日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク64位の大坂なおみが第2シードで元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)を7-5, 6-2のストレートで破る金星をあげ、ベスト8進出を果たした。

【上海マスターズ対戦表】

ウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)3回戦で対戦して以来の顔合わせとなったこの日、大坂は先にヴィーナスにブレークを許したが、ゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームでブレークバックに成功すると、流れを掴んで第1セットを先取。

その後、第2セットでも3度のブレークに成功した大坂はヴィーナスを振り切り、ウィンブルドンでの雪辱を晴らした。

準々決勝では、第6シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)とJ・カコの勝者と対戦する。

19歳の大坂は今季、ウィンブルドンで3回戦へ進出し、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では1回戦で昨年覇者のA・ケルバー(ドイツ)をストレートで破る金星をあげた。

しかし、ジャパン ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)以降は4大会連続で初戦敗退を喫していた。

一方、37歳のヴィーナスは今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)とウィンブルドンで準優勝を飾り、世界ランキングでは5位に位置している。

tennis365.net

最終更新:10/11(水) 19:39
tennis365.net