ここから本文です

伝統工芸×プラレール、来年1月大阪に

10/11(水) 7:00配信

Lmaga.jp

玩具メーカー「タカラトミー」(代表:H.G.メイ)が、同社の鉄道玩具「プラレール」と日本の伝統工芸職人の技を融合して制作した『伝統工芸×プラレール』。その4つ目となる『漆芸(しつげい)』が、10月8日に公開された。

【写真】展示された世界最速の芸術鑑賞「現美新幹線」

『漆芸』は、今年6月の『東京おもちゃショー』で発表された『江戸切子』『箱根寄木細工』『京都竹工芸』に次ぐ4つ目の作品。漆芸作家・室瀬祐(むろせ・たすく)氏によって制作され、すべてが「花火」をコンセプトとするなか、『漆芸』は日本の夏を代表する花・朝顔を、夜空を彩る花火に見立てた丸紋にデザインし、蒔絵で表現している。

公開されたのは、上越新幹線で運行する世界最速の芸術鑑賞「GENBI SHINKANSEN(現美新幹線)」13号車と、同新幹線が停車したJR燕三条駅(新潟県三条市)。1日限定で4作品が出揃ったこの『伝統工芸×プラレール』は、2018年1月1日~8日に開催される『プラレール博 in OSAKA』(大阪・南港ATCホール)での展示が予定されている。

最終更新:10/11(水) 10:27
Lmaga.jp