ここから本文です

アロンソとの契約交渉は最終段階とマクラーレンF1。バトンのリザーブ契約は見直しの可能性も

10/11(水) 11:19配信

オートスポーツweb

 マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエは、チームはフェルナンド・アロンソとの契約延長において合意に近づいていると語った。

F1第16戦日本GP トークショーに出場したジェンソン・バトン

 両者の現契約は2017年末までとなっており、現在、延長のために交渉が行われている。

「正直言って、特に難しい問題はないと考えている」とブーリエは日本GPの週末に語った。

「協議はすでに契約の詳細な部分にまでおよんでいるし、どちらも継続したいという意志を持っている。合意できるはずだ」

 アロンソは、アメリカGPまでには来年のプランが確定するはずだと語った。
「オースティンまで2週間ある。最終決定ができればいいね」とアロンソは日本GP決勝後に語った。


 一方ブーリエは、来年マクラーレンのジュニアドライバーのランド・ノリスをリザーブドライバーに昇格させる可能性を認めている。現在、ジェンソン・バトンがリザーブドライバーの役割を担っており、マクラーレンとは2018年の契約も結んでいるが、バトンは来年はフルタイムでレース活動を行いたいと考えている。それを考慮して、バトンの役割はマクラーレンのアンバサダーのみに縮小するかもしれないとブーリエは述べた。

「彼は(来年に向けて)フルタイムのレーシングシートを探している。だが我々のところにはそれがない」とブーリエが述べたとSky Sportsが伝えた。  

「彼はアンバサダーであり、その役割で彼が引き続き我々とともに働いてくれればうれしい。我々にとっても彼にとってもうまくいくだろう。しかしレースに関しては、我々から彼に提供できるものはない」   

 ノリスは2018年のリザーブドライバー候補のひとりかと聞かれ、ブーリエは、彼がF3でチャンピオンになればその可能性があると答えた。ノリスは今年、ヨーロピアンF3選手権に参戦、最終ラウンドを前にランキングトップに位置している。今年8月にはハンガリーでのF1合同テストにも参加した。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/11(水) 11:21
オートスポーツweb