ここから本文です

アメリカ悲劇!最下位に敗れW杯逃す…パナマが初のW杯、ホンジュラスが豪州と大陸間POへ

10/11(水) 10:58配信

ゲキサカ

 ロシアW杯北中米カリブ海予選の第10節が10日に行われた。同予選は3位までがW杯出場権を獲得。メキシコとコスタリカがすでに決めているため、残り1枠をアメリカ、パナマ、ホンジュラスの3チームが争う形で最終節を迎えた。

 2チームに勝ち点2差をつけるアメリカ代表は勝てば自力でW杯出場を決める一戦。最下位ですでに敗退が決まっているトリニダード・トバゴのホームで最終戦を戦った。しかし前半17分にオウンゴールで失点すると、同36分にも失点。2点ビハインドで折り返した後半は、2分に19歳MFクリスチャン・プリシッチのゴールで1点を返したが、1-2でまさかの敗戦を喫した。

 勝ち点を伸ばせなかったアメリカに対し、4位のパナマ代表はホームでコスタリカ代表に2-1で勝利。前半に先制を許したパナマだったが、後半13分と同43分の2得点で逆転勝ちした。

 そしてメキシコ代表とホームで対戦したホンジュラス代表は先制を含む2度のビハインドを跳ね返すと、2-2で迎えた後半16分に3点目を奪って逆転。難敵メキシコ相手に3-2で逆転勝ちを飾った。

 この結果、パナマが3位に浮上して、初のW杯出場権獲得。ホンジュラスがオーストラリアとの大陸間プレーオフに進み、アメリカは8大会ぶりにW杯出場を逃すことになった。

 以下、順位表と最終節結果

【順位表】
1.☆メキシコ(21)+9
2.☆コスタリカ(16)+6
3.☆パナマ(13)-1
4.★ホンジュラス(13)-6
5.アメリカ(12)+4
6.トリニダード・トバゴ(6)-12

第18節
(10月10日)
トリニダード・トバゴ 2-1 アメリカ
パナマ 2-1 コスタリカ
ホンジュラス 3-2 メキシコ

▼W杯出場国
メキシコ(7大会連続16回目)
コスタリカ(2大会連続5回目)
パナマ(初出場)

最終更新:10/11(水) 13:40
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報