ここから本文です

県教委と経済6団体が県内就職促進へ協定

10/12(木) 15:52配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

高校を卒業した若者の県内企業への就職率を高めようと県教育委員会と県内の6つの経済団体が連携していく協定を結びました。
県教育委員会と地域人材育成について連携する協定を結んだのは熊本経済同友会や県経営者協会など、6つの団体です。
県教育委員会によりますと熊本県は高校卒業後の県外への就職率が高く、今年3月に卒業し、就職した4000人のうち43.1%にあたる約1700人が県外に流出していて全国で4番目に高い数字になっています。
今回の協定はこの傾向に歯止めをかけようというものです。
インターンシップの実施や地元企業の良さののアピールなどを連携してより広く行うことで地元企業への就職を促進し、2年後の県内就職率を70%まで上げることを目指します。

RKK熊本放送

最終更新:10/12(木) 16:04
RKK熊本放送

Yahoo!ニュースからのお知らせ