ここから本文です

さんま、久本が絶賛!村上佳菜子 日テレ「メレンゲ」MCに大抜てき

10/12(木) 11:00配信

東スポWeb

 2014年四大陸選手権優勝やソチ五輪日本代表などで知られたフィギュアスケートの村上佳菜子(22)が、日本テレビ系バラエティー番組「メレンゲの気持ち」(土曜正午)のMCとして新たにレギュラー陣に加わることが本紙の取材でわかった。村上にとっては今年4月の現役引退後、新境地へのチャレンジ。笑顔と泣き顔で知られる愛くるしいキャラだけに、メーンMCの久本雅美(59)らとゲストに囲まれての“佳菜子スマイル”がお茶の間に広がりそうだ。

【写真】日テレの“本命”だった浅田真央

 村上は21日放送分から登場する。

「2014年から約3年間MCを務めていた三吉彩花の後釜に村上が抜てきされたんです。すでに今月2日には、日テレスタジオで2本分の収録を終えています」(関係者)

 今年4月まで現役選手として活躍してきた村上だが、リンクの上では超が付くほどのあがり症。新境地となるトークバラエティー番組となったが、当初は番組スタッフ、村上の関係者からも不安視する声が飛び交っていた。ところが、いざカメラが回ってみればそんな心配は無用だったとか。
「MC陣の久本や、いとうあさこ、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧らと並んでも何の違和感もなかった。トークでも笑いを誘うなど、スタジオ内は“佳菜子スマイル”につられ笑顔に包まれていました。収録後には久本が『アンタ、マジええわ。大丈夫!』と太鼓判を押し、握手を求めたほどでした」(事情通)

 今回、畑違いとも思える村上がMC陣に起用されたのには、別の狙いもあった。村上と同じく、今年4月に現役引退を表明した浅田真央(27)の存在だ。

「日テレは早い段階から浅田をスポーツキャスターとして引き込もうとしていましたが、浅田サイドからNGをくらったようです。浅田は『報道ステーション』をはじめ、テレビ朝日のスポーツキャスターに内定したとの話がテレビ界で飛び交っている。来年の平昌冬季五輪に向けた布石ですよ。浅田争奪に負けた日テレは村上に白羽の矢を立て“メレンゲ”のMCとして招き入れ、そのまま平昌五輪にも起用するという狙いだ」(芸能プロ関係者)

 だが、そんな“浅田の代役説”をはね飛ばすほど、村上のキャラが評価されている。

「村上があがり症なのは競技だけ。素は芸人が逃げ出すほどおもしろいんです」(事情通)

 日テレが村上に目を付けたのは7月に放送された「今夜くらべてみました」だった。

「天性のタレント性をいかんなく発揮しましたね。村上が大好きなブルゾンちえみに扮して登場したんです。普段から物まねが大好きで、スタジオは大爆笑。しかも“日本からハミ出した女”と紹介されても笑顔。そのうえ、ロシアのイケメン、元フィギュアスケート選手の『アルトゥール・ガチンスキーが好き』と告白し、本人とサプライズ中継までやってのけ、本気で恥じらう素顔で番組は盛り上がり、視聴率分計は一気に15%を超えたんです。たまたまこの放送を見ていた明石家さんまが『グレイト、かなちゃん、ええわ。こりゃ大化けするでぇ~』と日テレの制作幹部の前で、村上の才能を認めていたそうです」(事情通)

 これを受け、日テレは村上を単なる元フィギュア選手としてではなく、お笑いスターに育てようと動き出した。この提案を村上側も快諾し「二つ返事で出演が決まったそうです」(関係者)。

 それにしても不思議なのは、日テレの情報管理。なぜ、発表されないのか。

「最近、悪評高い宣伝部のミスリードですよ。何でも、最初の番組収録が行われた2日に、各メディアの記者に取材してもらったのですが、情報解禁日を『放送当日の21日にする。部長の指示』と言い訳したそうです。その結果、各メディアは記事にするのを見送ったわけです」(事情通)

 いずれにせよ“佳菜子スマイル”とその素顔が毎週土曜日のお昼に全国に広まるのはほほ笑ましい。

☆むらかみ・かなこ=1994年11月7日生まれ。名古屋市出身。3歳からスケートを始め、2009年、JGPファイナル優勝。10年世界ジュニア選手権優勝、GPファイナル3位。14年ソチ五輪日本代表(12位)、四大陸選手権優勝。17年4月、公式サイトで現役引退を表明。現在はプロスケーターとして活動。中京大附属中京高、中京大卒。162センチ、43キロ。

最終更新:10/12(木) 14:14
東スポWeb