ここから本文です

ヤマカツエースなど、今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース

10/12(木) 13:20配信

netkeiba.com

 今週は9日まで競馬が開催されたことで、10日が全休日。秋華賞出走予定馬など、特定の馬があらかじめ申請しておけば、10日の馬場で調整して、11日に追い切りというパターンも可能だが、基本的には12日が通常の水曜日のような感じ。

 11日は全国的にも暑かったと思うが、栗東も例外ではない暑さ。それに比べて、12日は曇り空ということもあり、この季節らしい気温だった。調教時間中に雨が降ることもあったが、馬場に影響を与えるほどではなかった。

【坂路/4F51.9秒】
 11日。一番時計はアドマイヤリード(栗東・須貝尚介厩舎)の4F50.6秒。4F50秒台はこの馬を含めて2頭。4F51秒台は7頭だったが、全休明けということもあって、速い4F時計をマークする追い切りが少なかった状況を考えれば、むしろ速い時計が出ている印象。

 府中牝馬Sの出走を予定しているアスカビレン(栗東・中尾秀正厩舎)。もともと追い切りでは活気ある動きを見せるタイプだが、それを考慮しても力強い走りは迫力満点。手応えに余裕がありながら、2F24.5秒、1F12.2秒は素晴らしいの一言に尽きる。状態に関しては申し分ないといった感じ。

 12日。4F49.9秒のカジキ(栗東・笹田和秀厩舎)が一番時計。全体的には4F51秒台の頭数が少ない印象だったが、4F目11秒台も2頭いて、決して時計が出にくい馬場という印象はない。

 先週の馬場差は「+0.5秒」。雨の影響があった先週に比べて、今週はウッドチップが乾いていて、散水するくらいの状況。よって、先週に比べると時計が出る状況なので、馬場差は『±0.0秒』で11日、12日とも記録することにした。

【CW/5F66.5秒】
 11日。追い切り頭数は少なかったが、全休明けにしてはしっかりやってくる馬が多い印象。馬場状態に関しては、重たいと表現する騎乗者が多かったのだが、実際の時計としては5F63秒台も出ており、乗り手の感触以上に数字は出ている。

 12日に関しても同じ。乗り手としては馬場の重さを感じるようだったが、時計が出る馬は出る。ただし、新馬には少しパワーのいる馬場だったようで、古馬などに比べると時計が出ていない印象はあった。

 後半の時間帯に天皇賞・秋(10月29日・東京芝2000m)の2週前追い切りを行ったヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎)。単走だったが、この馬らしく見た目には速く見えないけど、実際のラップは速めという走りで最後の直線を迎える。ここでも楽に走っているように見えると、時計は速くて、6F80.5~5F65.4~4F51.1~3F37.3~1F12.2秒。この馬には高値安定という言葉ぴったりで、今回もそんな感じで順調そのもの。

 先週の馬場差は「±0.0秒」。今週の馬場も判断が難しいところだが、全体的な印象を重視すると先週とさほど変わっていない。よって、馬場差は先週と同じ『±0.0秒』で11日、12日とも記録している。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場は11日に藤原英昭厩舎が追い切り、12日も加用正厩舎、友道康夫厩舎といったところが追い切りで利用している。12日の友道厩舎3頭併せはすべてジョッキーが騎乗して、テンから飛ばしていく内容でなかなか見ごたえのある動きだった。馬場差は11日、12日とも『±0.0秒』で馬場差を記録している。

 ポリトラック馬場の追い切り頭数は11日は確認できず、12日は荒川義之厩舎が何頭かといった感じ。かなり頭数は少ないが、時計の出方としてはいつもと変わりない。馬場差は11日、12日とも『-1.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・写真:井内利彰)

最終更新:10/12(木) 13:20
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ