ここから本文です

ファンディーナ岩田騎手「馬の能力を信じて頑張ります」/秋華賞共同会見

10/12(木) 14:58配信

netkeiba.com

■ファンディーナに騎乗する岩田康誠騎手

――まず、前走のローズSを振り返ってください。
岩田 スムーズなレース展開でした。直線を向いて反応はあったので、上がりでそこから伸びると思ったんですが…。

――本来なら、伸びた?
岩田 そうですね。あれから伸びる馬なんですけどね。

――馬体についてはいかがでしょうか?
岩田 春に比べてひとまわり成長して、馬体が戻ったかな、と思いました。

――先週、今週と追い切りに騎乗されたときの感触は?
岩田 先週の追い切りも反応は良かったです。今週のCWでの追い切りでしっかりと長めから負荷をかけられたと思います。馬場が悪い中、上がりもいい時計が出て良かったです。感触も良かったですし、レースにつながってくれればと思います。

――ひと叩きされて状態はいかがでしょうか?
岩田 息の入りが良くなりましたね。仕上がってくれているんじゃないかと思います。

――京都の芝2000m、内回りでの競馬はいかがでしょうか?
岩田 どういう競馬でもできる馬です。先行力もあります。

――相手関係はいかがでしょうか?
岩田 GI馬もいますし強豪がそろっています。負けないようにレースをしたいなと思います。

――春先には岩田騎手ご自身から「名牝になる器」という声もあがりました。そのあたりは?
岩田 そうですね。すごく力を秘めている馬で最後の一冠にチャレンジできるので、なんとかいいレースをしたいと思います。

――この馬のセールスポイントは?
岩田 瞬発力ですね。本当に素直なレースをするので、力を出し切ったと言えるレースをしたいと思います。

――道悪はいかがでしょうか?
岩田 上手というか、全然こなせるタイプだと思います。

――最後にひとこと。
岩田 ファンディーナとともにチャレンジできるということは嬉しいですし、なんとか馬の能力を信じて頑張ります。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:10/16(月) 16:48
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ