ここから本文です

「体温1度下がると30%下がる」 医薬系企業も根拠のない「免疫力記事」、医師の発言確認せず鵜呑み

10/13(金) 7:00配信

withnews

 「体温が1度下がると免疫力が30%下がる」という健康情報を検索すると多数のサイトが出てきます。医薬品や健康機器を扱う有名企業のサイトまでもが取り上げるこの情報ですが、実はこれ、科学的な根拠はなさそうです。まるで都市伝説のような真偽不明の情報が信頼性の高そうな企業サイトに載ること自体、問題がありますが、健康情報なら場合によっては読んだ人の不利益にもつながりかねません。この「免疫伝説」が各企業サイトに載った経緯と課題を調べました。(朝日新聞・長野剛記者)

【写真特集】別の店なのに同じ画像が続々… ダイエット「ビフォー・アフター」写真、使い回しの実態

「体温が下がると免疫力が…」ネットに多数

 この「体温と免疫力」の話、私は、東京にある美容医療と内科などが専門の五本木クリニック院長、桑満おさむさんが、ブログで「製薬会社がサイトに載せているが、根拠となる論文が見つからない」と、昨年から問題指摘していたことで、知りました。同じ内容をネットで探すと「30%」が「37%」になっていたりするものも含めて、結構、出てきます。

 調べた中で、公式サイトにこの「体温と免疫力」の記述を載せていたと確認できたのは、健康、医薬系企業ではオムロンヘルスケア(京都府向日市)、沢井製薬(大阪市)、中京医薬品(愛知県半田市)。そして、健康系ではありませんが、通信教育などで有名なベネッセコーポレーション(岡山市)も掲載していました。それぞれ別の文章で、独自に書かれたものです。

 各社とも、一般向けの健康情報記事として、「だから体を温めた方がいい」などのお役立ち情報を追加してサイトに掲載していました。その他、しょうがドリンクの販売サイトなど、医薬系企業や有名企業でなければ、同じ情報はもう、本当にたくさん出てきます。

「根拠なし」指摘され削除も

 免疫とは、もともと自分の体内になかった異物、つまり外から侵入した敵を倒し、排除することで体を守る生物の防御機能です。もし、体温1度の差でその力が30%も前後するのなら、日常生活にとっても大事な情報のように思えます。

 科学的根拠はあるのでしょうか? まずはチェックです。

 実は、社名を挙げた4社のうち、沢井製薬は昨年12月、具体的な「30%」などの表現を削除しています。桑満さんから、根拠となる論文が調べても見つからない、と指摘されたことがきっかけでした。

 沢井製薬の広報担当者に聞くと、桑満さんからの指摘後、様々な論文検索サイトで調べても「体温が1度下がると免疫力が30%下がる」ということを示した医学論文は見つかりませんでした。つまり、事実である「根拠がない」として、削除を決めたそうです。

1/3ページ

最終更新:10/13(金) 10:30
withnews