ここから本文です

クインズミラーグロなど、府中牝馬S厩舎情報/美浦トレセンニュース

10/12(木) 18:40配信

netkeiba.com

 1着馬にエリザベス女王杯(11/12・GI・京都芝2200m)の優先出走権が与えられる、アイルランドトロフィー府中牝馬S(GII・東京芝1800m)。美浦から出走する注目馬について、管理する各調教師のコメント。

■クインズミラーグロ(牝5・美浦・和田正道)について、和田調教師。
「本追い切りは月曜日(10/9)にポリトラックでやりましたので、今日(10/12)はポリトラックで軽く流しました。レース間際に追い切ると気合いが乗ってしまうので、本追い切りから競馬まで時間をあけるのが大事です。予定通りに仕上がっていますね。

 十分に力はある馬ですし、とにかくゲートをうまく出て、好位をキープするレースが理想です。ここを使ってエリザベス女王杯に向かえればと思います」

■ゲッカコウ(牝4・美浦・高橋義博)について、高橋調教師。
「前走(レインボーS・1600万下・1着)は、うまく逃げられたのが良かったですね。年齢を重ねて安定してきたと思います。今週(10/11)は、70-40くらいの追い切りでしたが、予定通りにできました。動き自体も問題ありません。

 年を取ったことで落ち着きも出てきましたし、逃げなくても大丈夫です。良い状態は維持していますが、関西から強い馬が来ますし、これまでとは相手関係が違うので、その中でどこまでやれるかですね」

■ワンブレスアウェイ(牝4・美浦・古賀慎明)について、古賀調教師。
「先週良い時計を出していましたが、今週(10/11)も絶好の動きで順調です。ここに来て競馬に幅が出てきて、安定もしてきました。相手は強くなりますが、体も増えてパワフルになっていますし、楽しみです」

■ロッカフラベイビー(牝5・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
「新潟記念(GIII・12着)は、周りを囲まれてもまれたことで、止めてしまう部分もあったでしょうが、思ったよりも動けませんでした。今週(10/11)は70-40の予定で、ゴールを過ぎた後、2コーナーまでゆるめないでやりましたが、いつも通りの良い動きでした。

 夏を使った時の疲れもなく、良い状態で出走させられそうです。前走に続いて強い相手とのレースになりますが、2回目になりますし、もう少し良いところを見せてほしいですね」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:10/12(木) 18:40
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ