ここから本文です

「山口俊問題」で選手会が都へ救済申し立て

10/12(木) 6:05配信

デイリースポーツ

 日本プロ野球選手会(嶋基宏会長=楽天)は11日、酒に酔って暴力騒動を起こした巨人・山口俊投手(30)の球団処分を巡り、読売巨人軍と日本プロフェッショナル野球組織の対応が不誠実だとして、東京都労働委員会へ不当労働行為救済の申し立てを行った。

 選手会は巨人が山口俊に下した総額1億円以上の罰金、減俸などの処分が過去の事例と比較して重いとし、処分の撤回などを要求。日本プロフェッショナル野球組織の熊崎勝彦コミッショナーには調査を求めてきた。

 3日に巨人と熊崎コミッショナーは文書で回答も、合理的な説明はなく、一連の過程からも組合の団体交渉を拒否したと主張。山口俊は処分に合意しているが、選手会・森忠仁事務局長は「全選手に関わる問題として労働組合の権利としてやっている」と説明した。

 今後は都労委による調査が行われる。熊崎コミッショナーは「申立書の内容を吟味し、どのように対応するかを検討したい。引き続き誠実に対応したい」とコメントした。