ここから本文です

「理想のネコではなかった」 20匹以上のネコを殺す 男を書類送検 福岡県

10/12(木) 18:35配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

「理想のネコではなかった」

男はそう供述しています。

北九州市で今年5月、飼っていたネコを虐待して殺した疑いでアルバイトの男が書類送検されました。

動物愛護法違反の疑いで書類送検されたのは大分市に住む25歳のアルバイトの男です。

警察によりますと男は今年5月2日未明、当時住んでいた北九州市戸畑区の集合住宅で一週間ほど前から飼っていたネコの尻尾をつかんで、壁や床に何度も打ち付けたり踏み付けたりして殺した疑いです。

鳴き声を聞いた近隣住民から通報があり警察が駆け付けたところ、風呂場でネコの死骸が段ボールにくるまれ、ゴミ袋に入っていたということです。

男は集合住宅に住み始めた去年4月以降、ほかにもおよそ20匹のネコを近くで拾ってきては殺し遺棄していたとみられ、調べに対し「理想のネコではなかったから殺した」と供述しているということです。

テレビ西日本

最終更新:10/13(金) 19:52
TNCテレビ西日本