ここから本文です

プロ野球DBサイト「ヌルデータ置き場」閉鎖 業界発展の「邪魔になる」との判断で

10/12(木) 19:44配信

J-CASTニュース

 プロ野球の選手成績や出場データなどの情報を紹介してきた個人サイト「プロ野球ヌルデータ置場」が、2017年10月10日をもって更新を終了した。12月5日にはサイト自体が閉鎖となり、過去のデータも閲覧できなくなる。

 2008年開設の老舗サイトで、まだセイバーメトリクス(野球統計)という概念が日本に浸透していなかった時代から、多岐にわたる指標をまとめてきた。閉鎖を惜しむ読者も多く、ネット上には「めっちゃ使ってたのに...」などと悲しむ声が広がっている。

■セイバー指標をはじめ、膨大なデータを紹介

 「プロ野球ヌルデータ置き場」は、日本野球機構(NPB)公式サイトなどが提供しているデータを管理人の「えるてん」氏が収集し、それを元に算出した様々な指標を紹介してきたサイトだ。

 データは2005年から17年までの13シーズン分あり、いずれも閲覧は無料。有料のデータサイトにも劣らない圧倒的な情報量で読者の支持を集めた。

 打率や防御率などの基本的な数字は当然として、RCAA(リーグの平均的な打者と比較して個人の得点能力を示す統計データ)やBABIP(グラウンドに飛んだ打球が安打になる割合)など、打者投手あわせて30種類以上のセイバー系指標を紹介していた。

 そのほかにも、全選手のカウント別打率や全投手の捕手別防御率。連続安打や出塁といった個人記録や、チームごとの選手起用の詳細なデータ、全バッターの投手別成績など、個人サイトとは思えないほど膨大なデータをまとめてきた。

 そのため、今回の閉鎖報告を受けて熱心なプロ野球ファンからは悲しみの声が相次いでいる。実際、ツイッターやネット掲示板には、

  「野球のデータを探すときはまずここってサイトだっただけに残念」
  「間違いなく日本にセイバーメトリクスを根付かせたサイトであると思います」
  「長年にわたり大変お疲れ様でした。ありがとうございました」

といった書き込みが数多く出ている。なかには、「誰かこのサイト買って継続してくれないかな?」「NPBがサイトごと管理人雇え」といった意見もあった。

1/2ページ

最終更新:10/12(木) 19:44
J-CASTニュース

Yahoo!ニュースからのお知らせ