ここから本文です

DAOKO、Perfume、小沢健二とセカオワが登場!『Mステ』は9月も音楽シーンの旬をまるっと見せていた

10/12(木) 22:14配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

音楽ブロガー・レジーが、『ミュージックステーション』の放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けする連載「月刊 レジーのMステ定点観測」。[前編] では『ウルトラFES 2017』についてお届けしましたが、[後編]ではこちらの話題からどうぞ。

記事中に登場したアーティストのMVを観る

■意外な邂逅:福山雅治、小沢健二とSEKAI NO OWARI

8日の放送に出演した福山雅治が披露したのはドラマ『黒革の手帳』主題歌の「聖域」。ドラマのムードに合わせた大人っぽい楽曲で、ジャズの要素も取り入れた意欲作です。

当人にもそのあたりに関してこだわりがあるようで、ジャズへの縁が深いタモリとニューオーリンズのジャズについて言葉を交わしていました(NHKの『SONGSスペシャル「福山雅治 SONGLINE ~歌い継ぐ者たち」』の第3回「アメリカ ニューオーリンズジャズの魂 聖者の行進」でニューオーリンズを訪れた際にいろいろと触発されたようです)。

そんなトークをうしろの席でずいぶんとまじめな表情で聞いていたのが、今年2月に表舞台にカムバックして以来2度目のMステ出演となる小沢健二。彼は前回出演時にも他のアーティストのトークをやたら真剣に聞き入っていたのが印象的でしたが、やはり今のJ-POPのシーンがどういう状況になっているのか気になるのでしょうか。

福山のトークを聞きながら時折言葉を交わしていたのが、隣に座っていたSEKAI NO OWARIのNakajin。この日彼らは「小沢健二とSEKAI NO OWARI」として出演していたわけですが、ひと回り近く年が違うにもかかわらずとても親密な感じでした。

なんでも小沢健二の友人のBose(スチャダラパー)の奥様であるファンタジスタさくらだとセカオワの面々が小学校の同級生らしく、そんな繋がりもあって今回のコラボに至ったそうです。

今回の楽曲「フクロウの声が聞こえる」は、すでに昨年の全国ツアーや今年のフジロックフェスティバルなど小沢健二のステージでは披露されていた曲を、セカオワとのコラボによってオリジナルバージョンとは少し異なる角度から再構築したもの。

この日の放送では服部隆之を指揮者とするオーケストラをバックに、壮大でファンタジックなステージが繰り広げられました。

クライマックスで高音を張り上げるパートを筆頭にとにかく躍動感のあったこの日のオザケン。それに負けじとセカオワの面々も気合十分で、凛とした表情で安定したボーカルを聴かせるFukase、ギターソロのパートでオザケンとステージをともにしている喜びを体現する素敵なドヤ顔を見せるNakajin、いつものように穏やかな笑みをたたえながら見せ場のピアノソロをバチッと決めるSaori、(表情は読み取れませんが)歌詞に合わせてギターのフレーズをおいしいタイミングで挿入するDJ LOVEとそれぞれの持ち場をばっちりこなしました。

ちなみに、この日気になったのがオザケンと福山の絡みです。横山だいすけと本田紗来のうしろでふたりが何やら言葉を交わしているのが確認できます(おそらく直前の乃木坂46のパフォーマンス中から話し込んでいたのだと思われます)。

「かっこいいモテ男」のポジションを軽く20年は維持している福山ですが、オザケンも90年代半ばは「王子様」として多くの女子の支持を集めていたわけで、特定世代の女性からすればこのふたりが並ぶのはいわば「夢の共演」だったはず。同じ学年のふたりは大人の男としてどんな会話をしていたのでしょうか。

■それぞれの新境地:DAOKO、Perfume

9月1日のMステに浴衣姿で登場したDAOKO。映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌として各種チャートで上位を記録した「打上花火」を披露しました。コラボ相手である米津玄師がいなかったのは残念でしたが、幻想的な雰囲気のあるこの曲をしっとりと、かつ情熱的に歌い上げました。

これまではどちらかというと「インターネット世代の旗手」という感じで一部の層のなかでのカリスマという感じでしたが、この曲でもう一段メジャーな場所へ踏み出した印象があります。まだ20歳と若いですが、この先どんな存在になっていくのでしょうか。

そのDAOKOについて「ダンサブルな曲では振り付けの先生(MIKIKO)が同じ。この前たまたまリハスタが同じで、“DAOKOちゃんおるらしいよ! ドキドキ!”となったんですけど……会えなかったです」という反応に困るコメントを発していたのがPerfumeのあ~ちゃん(タモリも苦笑いしていました)。

この日のPerfumeが披露したのは8月にリリースした新曲「If you wanna」。フューチャーベースを取り入れたトリッキーな楽曲をいつもより大人っぽい衣装やメイクで歌い踊る3人からは、これまで以上の色気が感じられます。

女性のアイドルグループとしては異例の「全員30代突入」がいよいよ現実味を帯びてきた3人。これからも「前人未到の境地」を開拓し続けていってほしいです。

次回のMステは10月13日の2時間スペシャル。武井 咲との結婚で話題をさらったEXILE TAKAHIROのソロ出演が注目を集めそうですね。それでは次回もよろしくお願いいたします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

----------

【2017年9月1日放送分 出演アーティスト】
Flower「たいようの哀悼歌」
DAOKO「打上花火」
ポルノグラフィティ「キング&クイーン」
AKB48「#好きなんだ」
Perfume「If you wanna」
TOKIO「クモ」

【2017年9月8日放送分 出演アーティスト】
乃木坂46「いつかできるから今日できる」
横山だいすけ 本田紗来「さよならだよ、ミスター」
関ジャニ∞「奇跡の人」
福山雅治「聖域」
小沢健二とSEKAI NO OWARI「フクロウの声が聞こえる」

【2017年9月18日放送分 『ウルトラFES 2017』出演アーティスト】
Kis-My-Ft2「WANNA BEEEE!!!」
A.B.C-Z「Za ABC~5stars~」
大黒摩季「熱くなれ」
観月ありさ「TOO SHY SHY BOY!」
HKT48「最高かよ」
NMB48「僕らのユリイカ」
SKE48「コケティッシュ渋滞中」
岡本真夜「TOMORROW」
SHISHAMO「明日も」
高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」
どうぶつビスケッツ+かばん×PPP「ようこそジャパリパークへ」
モーニング娘。’17「LOVEマシーン(updated)」
ももいろクローバーZ「走れ!」
岡崎体育「Explain」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」
EXILE THE SECOND「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」
乃木坂46「インフルエンサー」
Little Glee Monster「元気がでるウルトラソングメドレー」
CHEMISTRY「You Go Your Way」
ポルノグラフィティ「ミュージック・アワー」
BEGIN「島人ぬ宝」
三浦祐太朗「いい日旅立ち」
欅坂46「サイレントマジョリティー」
SEKAI NO OWARI「RPG」
湘南乃風「睡蓮花」
THE YELLOW MONKEY「JAM」
高橋 優「明日はきっといい日になる」
西野カナ「トリセツ」
きゃりーぱみゅぱみゅ「インベーダーインベーダー」「にんじゃりばんばん」
NOKKO「フレンズ」
エレファントカシマシ「俺たちの明日」
ゴールデンボンバー「女々しくて」
ジャニーズWEST「ズンドコ パラダイス」
関ジャニ∞「今」
三浦大知×SOIL&”PIMP”SESSIONS「Cry & Fight」
亀と山P「背中越しのチャンス」
POLU「Sing」
WANIMA「ともに」
タッキー&翼「REAL DX」「Venus」「夢物語」
Perfume「エレクトロ・ワールド」
Sexy Zone「Lady ダイヤモンド」
NEWS「チャンカパーナ」
葉加瀬太郎「アナザー・デイ・オブ・サン」「情熱大陸」
槇原敬之「どんなときも。キャラメルVer.」
Hey! Say! JUMP「キミアトラクション」
水谷千重子 with 八公太郎「フレンズ音頭」
DEAN FUJIOKA「History Maker」
AKB48「365日の紙飛行機」「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」
嵐「Monster」「ファイトソング」「GUTS!」
ゆず「栄光の架橋」
福山雅治「聖域」「家族になろうよ」
TOKIO「宙船(そらふね)」
V6「Sexy.Honey.Bunny!」「TAKE ME HIGHER」
星野 源「恋」「Family Song」
ウルフルズ「バカヤロー」「ガッツだぜ!!」
B’z「声明」「ultra soul」
YOSHIKI「Forever Love」