ここから本文です

Surface Pro 4などで使えるヘッドセットが1000円台

10/12(木) 19:00配信

アスキー

バッファローは、3.5mm4極ミニプラグを採用した両耳ヘッドセットなど4製品を発表した。

 バッファローは10月12日、3.5mm4極ミニプラグを採用した両耳ヘッドセット「BSHSHCS300BK」、「BSHSHCS310BK」および片耳ヘッドセット「BSHSHCM100BK」、「BSHSECM100BK」を発表した。10月下旬から順次発売する。
 
 Surface Pro 4など、最新のWindows 10タブレットや2 in 1ノートPC、PlayStation 4、Androidスマートフォン・タブレットで使えるCTIA規格準拠のヘッドセット。
 
 BSHSHCS300BKとBSHSHCS310BKは、40mmの大口径ドライバーユニットを採用したステレオヘッドセット。聞き取りやすいチャット音声や臨場感あふれるゲームサウンドを実現しているという。
 
 BSHSHCS300BKは、電磁波によるノイズを低減するEMディフェンスケーブルを採用。また、手元で音量・消音を操作できるボリュームコントロールを搭載している。BSHSHCS310BKは、持ち歩きに便利な折りたたみ機構になっている。
 
 価格はBSHSHCS300BKが2138円で、BSHSHCS310BKが2462円。
 
 BSHSHCM100BKとBSHSECM100BKは、まわりの音も聞こえる片耳タイプのヘッドセット。それぞれ安定した装着感のヘッドバンド式形状と、小型で持ち運びやすい耳かけタイプを採用している。
 
 価格はBSHSHCM100BKが1382円で、BSHSECM100BKが1166円。
 
 
文● ラッキー橋本/ASCII

最終更新:10/12(木) 19:04
アスキー