ここから本文です

松屋銀座でハロウィーンフェア 限定商品の販売やワークショップも /東京

10/12(木) 12:35配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 松屋銀座(中央区銀座3)が現在、ハロウィーンにちなんだ商品の販売やイベントを行う「ハロウィーンフェア」を展開している。(銀座経済新聞)

「黒猫のスイートチョコレート」

 地下1階では「ピエールエルメ パリ」がハロウィーン限定マカロンの詰め合わせボックス「ハロウィン」(6個、2,808円)を、「アンリ シャルパンティエ」が魔女の帽子をイメージしたチョコレートムース「黒猫のスイートチョコレート」(518円)を販売するなど、20の和洋菓子ショップで30アイテム以上のハロウィーン限定商品を用意する。

 1階・アクセサリー売り場や5階・紳士売り場ではハロウィーン雑貨などを販売。

 10月18日からは地下1階・2階食品売り場の5カ所に設置した「食品おばけ」を全て見つけ、専用用紙に記入した人全員に景品を進呈する「食品お化けを探し出せ!キャラクターラリー」を、28日・29日の10時~16時には8階「MGテラス」で、小学生以下を対象に、水ヨーヨー・布・テープなどを使ってオリジナルの「ハロウィーンモンスター」を作るワークショップ「ぴょんぴょんモンスターを作ろう!」(各日定員100人、参加無料)を開催する。

 同館販売促進部の新井基哲(もとのり)さんは「週末はお子さま連れでイベントやスイーツを楽しんでいただければ。仕事帰りのハロウィーンパーティーにもぴったりのアクセサリーなども充実している」と話す。

 営業時間は10時~20時。今月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク