ここから本文です

若手イケメン俳優・杉野遥亮「初CM」事務所先輩・菅田将暉とは違う魅力

10/12(木) 16:31配信

東スポWeb

 俳優・杉野遥亮(22)が11日、都内で行われた、新潟県の新しいプレミアム米「新之助」の新CM発表会に出席した。

 杉野は日本テレビ系ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」や今年放送された同特番、CS放送フジテレビのドラマ「青い鳥なんて」に出演。身長185センチの長身で、将来が嘱望されている若手俳優だ。

 今回が初のCM出演となった杉野は撮影中に、「緊張して表情が硬くなってしまうこともあった」とか。それでも「スタッフからレクチャーを受けたり、撮影を重ねると慣れてきて、自然な表情を出せるようになりました」と周囲のサポートで乗り切ったという。

 この日のイベントでも終始、緊張した表情を浮かべていたが「未熟な僕に務まるのか不安だった。俳優として新米である僕と、この新しいお米が一緒に大きくなれたら」と打ち明けた。

 さらに写真撮影でも表情はこわばったままガチガチで、駆けつけた報道陣から思わず笑いがこぼれたほどだった。

 それでもイベント中、初々しいコメントで笑いを取るシーンもあった。新米を試食した際に「今まで食べたお米は何だったんだろう! 普段そんなおいしいお米、食べてなかったんだ…」と率直に感想を話すと、会場から笑いが起きた。

 さらに観世流能楽師の山階彌右衛門(やましな・やえもん)氏に能を指導された際に、ピンと背筋を伸ばし扇子でポーズを決める杉野を見て山階氏が「姿勢が良く、筋がある」とほめる一幕もあった。

 長身を生かして学生時代はバスケットボール部に所属していたという杉野について、芸能関係者は「同じ事務所の菅田将暉とは違った、中性的な魅力を持つ俳優」と指摘する。
 今後、どう成長していくか楽しみな存在になりそうだ。

最終更新:10/12(木) 16:31
東スポWeb