ここから本文です

スーパーカー20台超、上里を出発 ラリーシリーズ第3戦 /埼玉

10/12(木) 14:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 関越自動車道・上里スマートIC近くにある「上里カンターレ」(上里町勅使川原、TEL 0495-35-0001)が10月15日、今年3回目の「スーパーカー・ラリー・チャレンジ2017」のスタート地点となる。主催はクラシックカーレースなどを企画運営するNASC。(本庄経済新聞)

スタート地点の「上里カンターレ」

 年4戦行われるシリーズ戦。今年は、1回目として浜松市内をスタートする100キロが4月に、2回目として信州戸倉山田温泉をスタートする190キロが9月に行われている。3回目の今回は100キロ。最終戦となる4回目は11月、福島県内での開催を予定している。

 同イベントは、ルートブック(コマ図)によって定められたルート上に存在するC.P.(チェックポイント)を通過するタイミングの正確さを競う種目と、指定された平均スピードで一定の距離を走りドライビングの正確さを競う種目の2種の競技の得点を加算して順位を決定する。

 2人1組となり、細かなレギュレーションに沿って走るラリーでは、ドライバーとともに車両に乗り込み、コマ図を見ながら走行の手助けをする「コドライバー」の誘導がカギとなる。

 当日、スタート地点となる「上里カンターレ」にはスタート用特設ゲートが設置され、フェラーリなどのスーパーカーが20台以上集結し、9時30分にスタートする。

みんなの経済新聞ネットワーク