ここから本文です

放送免許剥奪を示唆=NBC報道で米大統領―与野党から批判噴出

10/12(木) 14:09配信

時事通信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は11日、3大ネットワークの一つであるNBCテレビの放送免許を剥奪する可能性をツイッターでちらつかせ、自身に批判的な報道をけん制した。

 与野党から表現の自由の侵害だと批判が噴出しているが、トランプ氏が譲る気配はない。

 問題の投稿は、トランプ氏が7月の会議で核兵器保有数を約10倍に増やしたいと発言したとする11日のNBC報道がきっかけだ。NBCは先週来、ティラーソン国務長官がトランプ氏を陰で「能無し」呼ばわりしたとも報じており、トランプ氏はNBCに対するいら立ちを募らせていたようだ。

 トランプ氏は11日朝、NBCの報道について「でっち上げだ。(同氏を)おとしめるために捏造(ねつぞう)した純粋な作り話だ」とツイート。「どの時点で彼らの免許に異議を申し立てるのが適切か。国にとって有害だ」と、脅しと取れる書き込みをした。さらにこの後、記者団に「報道機関が書きたいことを何でも書けるのは不愉快だ」と言い放った。

 これに対し、与野党から批判が相次いだ。全米放送事業者協会トップのスミス元上院議員(共和党)は声明で「報道の自由に反する」と指摘。米メディアによると、テレビ局を管轄する連邦通信委員会のウィーラー前議長(民主党)は「放送免許は政治のおもちゃではない」と切り捨てた。 

最終更新:10/12(木) 15:04
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ