ここから本文です

「願いはちゃんとかなったよ」 ももクロ有安杏果、“14歳の夢”実現に称賛の声集まる

10/12(木) 15:04配信

ねとらぼ

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果さんが10月11日、14歳当時に書いたという七夕の短冊をブログで公開。同日にソロCDデビューという8年越しの願いごとを成就させ、「14歳のわたしへ」と過去の自分にメッセージを送っています。

【画像:笑顔のももいろクローバーZ】

 有安さんは11日、念願のソロアルバム「ココロノオト」をリリース。この日のブログでは、ももクロに加入した2009年に書いた七夕の願いごとを公開しており、短冊には「CDデビューしたい そしてたくさんの人に笑顔を届けられますように」とソロデビューを願う一文がつづられています。本当にかなえちゃうのスゴい。

 14歳で描いた大きな夢を、8年という年月を掛けて実現させた有安さん。グループの中でも苦労が多い人物として知られており、加入から3年ほどは天真らんまんなメンバーに上手く溶け込めずいた時期を経験。2013年には、のどの治療のため声を出せない数カ月間を過ごし、2015年には扁桃腺の摘出手術を受けるなど、シンガーとしても多くの苦境を乗り越えてきました。

 2016年ごろからはソロ活動も活発化し、配信限定のミニアルバムもリリース。1歩1歩着実に前に進み、ようやくこの日「CDデビューしたい」という夢がかなったのでした。

 ブログでは、14歳の自分に向けて「大丈夫だよ 願いはちゃんとかなったよ」「だからどんなことがあっても夢は諦めちゃダメだよ 笑顔で待ってるからね!」と胸が熱くなる言葉を贈った有安さん。ファンからは、「本当におめでとう!」「たくさん頑張ってくれてありがとう」「杏果の夢が叶う瞬間を見れてしあわせです!」「本当に努力して試練を乗り越えて来た人だと思います」など祝福のメッセージが多数寄せられました。ええ話や……。

最終更新:10/12(木) 15:10
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ