ここから本文です

chatbotに話しかけてビジネス文書を作成 Watsonを活用した業務支援ソリューション登場

10/12(木) 15:30配信

ITmedia エンタープライズ

 ソフトバンクは10月11日、IBM Watsonを活用した業務支援ソリューションとして、新たに「SPALO(スパロ)」と「AI導入エントリーパック」の発売を開始した。

「AI導入エントリーパック」の利用イメージ

 SPALOは、chatbotと会話するだけでビジネス文書を作成できるソリューション。chatbotには「LINE」を採用しており、LINEトークで話しかけると、会話の内容から必要な情報を抽出してテキスト化し、Adobe PDFやMicrosoft Excel、Wordなど、希望のファイル形式で文書化する。既存の文書ファイルも編集できる。

 また、JSON(JavaScript Object Notation)形式で他のシステムと連携させることもできる。SPALOでは、Watson APIの「Conversation(会話)」を活用し、ユーザーとの自然なやりとりを実現しているという。

 SPALOの導入費用は、初期費用30万円(税別)から、本運用費用は月額5900円(税別)から。

 AI導入エントリーパックは、Watsonを活用したQ&Aサービスを導入する企業向けに、学習データの作成とchatbotの構築をセットで提供するサービス。専門の技術者のサポートを受けながら、企業内にある大量の文書やメール、コールセンターのログなどのテキストデータを「IBM Watson Explorer」で分析、視覚化し、最適な学習データを作成できる。

 chatbotの構築では、Watson APIの「Natural Language Classifier(NLC:自然言語分類)」と「Retrieve and Rank(R&R:検索およびランク付け)」を活用し、的確で最適な回答をユーザーに提供。本格導入前の検証用としても利用できるため、導入決定から効果検証、利用開始までのプロセスを円滑に進められるとしている。

 AI導入エントリーパックの導入費用は、初期費用350万円(税別)、本運用費用は月額15万円(税別)から。別途「IBM Bluemix」の利用料がかかる。