ここから本文です

薬院に焼き鳥と鶏白湯ラーメンの店「双鶏」 職人2人が営む /福岡

10/12(木) 18:45配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 薬院に焼き鳥と鶏白湯(パイタン)ラーメンを提供する店「双鶏(そうどり)」(福岡市中央区渡辺通2、TEL 092-716-1139)がオープンして1カ月がたった。(天神経済新聞)

店内の様子

 福岡の有名焼き鳥店とラーメン店で修業を積んだ職人2人が営む同店。店名は「焼き鳥好き」と「ラーメン好き」を総取りするという意味を込めて付けたという。店舗面積は11坪、席数はカウンター、テーブル席含め全20席。

 麺メニューは、コラーゲンがたっぷり入った鶏白湯スープに、京都「麺屋棣鄂(ていがく)」の全粒粉入り麺を使ったラーメン「双鶏白湯ラーメン」(700円)や「辛双鶏白湯ラーメン」(750円)など6種類。焼き鳥メニューは「とりかわ」「豚バラ」(以上110円)など串物約20種類。そのほかサイドメニューもそろえる。

ランチタイムには「双鶏白湯ラーメン」やランチ限定セットを提供する。
 
 客単価はランチタイム=1,000円、ディナータイム=2,500円。

 店長の松崎直人さんは「焼き鳥もラーメンも、どちらも味に自信がある。店内もきれいで落ち着く居心地よい空間に仕上げたので、いろいろな方に来てほしい」と話す。

 営業時間は11時30分~15時、17時30分~翌2時。日曜定休。

みんなの経済新聞ネットワーク