ここから本文です

中山成彬氏「いわゆる総評と同盟はこの際分かれるべき」

10/12(木) 18:27配信

朝日新聞デジタル

■希望の党・中山成彬氏(発言録)

 「私は財務省(旧大蔵省東海財務局)の理財部長をしたことがあり、国有財産の払い下げとかしましたけど、ちゃんと交渉記録なんか残ってますよ。忖度(そんたく)しなきゃいかんほど安倍内閣が強大になったことがいけない。頭がいいはずの官僚に『忘れました』『記憶にございません』とか言わせちゃいかんですよ」

 (福岡1区では連合が希望ではなく立憲民主の候補を応援している、と問われ)「官公労の方々と民間の労働組合の方々とが一緒にやることが問題じゃないかなと思っているんですよ。いわゆる(かつての)総評と同盟はこの際分かれるべきだと思ってますから、そういうことを分かってくださったら、民間の労働組合の方々は(希望の)候補を応援してくれるんじゃないかなと思ってます」(福岡市での演説後、記者団に)

朝日新聞社

最終更新:10/13(金) 16:17
朝日新聞デジタル

Yahoo!ニュースからのお知らせ