ここから本文です

府警の取り調べは違法=33万円賠償命じる―大阪地裁

10/12(木) 17:05配信

時事通信

 器物損壊事件に絡む大阪府警天満署の取り調べで暴言を受けたとして、同府大阪狭山市の池田広志さん(32)が、府に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12日、大阪地裁であった。

 北川清裁判長は「取り調べは不当な抑圧で違法」と述べ、33万円の支払いを命じた。

 判決などによると、池田さんは2015年10月、車にブロック片をぶつけた疑いで天満署の任意の取り調べを受けた。同11月にも取り調べを受け、ICレコーダーで録音。担当官は「逮捕されんぞ、お前」「なめてんのか」などと大声を出した。

 北川裁判長は11月の取り調べについて、起訴猶予処分が予定され供述調書を作成する必要性が高いとは言えないと指摘。「不当な抑圧によって取調官の望む答えを引き出そうとした」と批判した。

 判決後の記者会見で、池田さんは「公平な捜査が行われるよう改善してほしい」と話した。代理人弁護士は「軽微な在宅の事件でも、少なくとも事後的に取り調べを検証できるシステムとして可視化が必要だ」と述べた。 

最終更新:10/12(木) 17:10
時事通信

Yahoo!ニュースからのお知らせ