ここから本文です

内田裕也 右足の甲とあばら骨を骨折…映画祭に車いすで登場

10/12(木) 14:47配信

デイリースポーツ

 ロック歌手の内田裕也(77)が右足の甲とあばらを骨折したことが12日、分かった。同日、京都市内で行われた「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに車いすに乗って現れ、状況を説明した。

 スタッフに支えられながら車イスをおり、つえをついてレッドカーペットへと歩んだ内田は「ヨロシク!」と、いつものフレーズを発するも「1カ月ほど入院してたもので、いつもと違うと思います」と小さな声で話した。声を出すのもつらそうに映り、最後の「ロックンロール」の決めセリフもか細かった。

 挨拶を終え、報道陣から入院について聞かれると「足を痛めてね」と返した。関係者によると、夏前に屋外ですべって転倒し、右足の甲を骨折したという。また、その後に別の理由で肋骨も骨折したという。

 医師の指示を受けリハビリもかねて1カ月入院していたという。内田は「いまは車いすを楽しんでいるよ」とニヤリと笑った。

 内田は同映画祭に3年前から毎年参加し、暴走トークなどで話題を集めていたが、今年は「冷静に楽しみます」と話していた。

最終更新:10/12(木) 15:39
デイリースポーツ