ここから本文です

ジャッジ、史上初のポストシーズン1試合4三振3度

10/12(木) 11:53配信

スポーツ報知

◆ア・リーグ地区シリーズ ▽第5戦 インディアンス-ヤンキース(11日・クリーブランド)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が11日(日本時間12日)、敵地で行われたインディアンスとの地区シリーズ第5戦で「2番・右翼」でスタメン出場。5打数無安打4三振に倒れた。

 初回1死、3回無死一塁でクルーバーに空振り三振。5回1死ではミラーに空振り三振に仕留められ、7回ではショーに見逃し三振を喫した。

 9回2死二塁は三ゴロ。9日の第4戦の3回2死満塁の第3打席から続いた連続打席三振は7で止まった。それでも、この地区シリーズでは第1戦、第4戦で4三振を喫しており、ポストシーズンで1試合4三振を3度記録したのは史上初だという。

 チームは5-2で逃げ切り勝ち。2連敗から驚異の3連勝を飾り、5年ぶり16回目のリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。主砲・ジャッジの復調に期待したい。

最終更新:10/12(木) 13:57
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ